α6400×MC-11×シグマ100-400mmライトバズーカでプロ野球撮影

f:id:djrkmrym:20190515003721j:plain

α6400×MC-11×SIGMA100-400mmでプロ野球の試合を撮ってみました。

2019年2軍の教育リーグ「阪神タイガース×中日ドラゴンズ」の試合になります。

f:id:djrkmrym:20190604003143j:plain

撮影位置は1塁側ベンチ上4列目付近で、フェンス越しの撮影となります。

 

α6400×MC-11×SIGMA100-400mmで使えるフォーカスエリアやモード、連写なんかはこちらに詳しく書いてあります。

 

 

リアルタイムトラッキングが便利すぎる

 

フェンス越しということもあって、フェンス、そしてポールなどピントが持っていかれそうな障害物がいくつかありましたが、α6400の新機能リアルタイムトラッキングのおかげで快適に撮影できました。

f:id:djrkmrym:20190604003529j:plain

f:id:djrkmrym:20190604003650j:plain

f:id:djrkmrym:20190604003729j:plain

打席のスイング→1塁まで追ってみましたが、リアルタイムトラッキングのおかげでピントが外れることなくしっかり追ってくれます。特に2枚目なんかは手前のポールにピントが持っていかれてもおかしくないですが、しっかり選手を追いかけてくれています。

 

f:id:djrkmrym:20190604004734j:plain

f:id:djrkmrym:20190604004014j:plain

f:id:djrkmrym:20190604004025j:plain

f:id:djrkmrym:20190604004041j:plain

かなりアップで狙ってみましたが、しっかり追い続けてくれます。

ただ走ってるだけなのを撮るのはもちろん、手前にピントが持っていかれそうな何かがあってもこうやってきっちり追い続けてくれるのはかなり撮影が楽になりますね。

 

スポーツ撮影は全然いける

 

当日、α6400×MC-11×SIGMA100-400mmで撮った写真を少しですが貼っておきます。

f:id:djrkmrym:20190604005318j:plain

岩田投手

f:id:djrkmrym:20190604005412j:plain

白井主審と荒木コーチ

f:id:djrkmrym:20190604005501j:plain

f:id:djrkmrym:20190604005518j:plain

f:id:djrkmrym:20190604005529j:plain

f:id:djrkmrym:20190604005559j:plain

f:id:djrkmrym:20190604005542j:plain

ルーキー石川投手

f:id:djrkmrym:20190604005657j:plain

f:id:djrkmrym:20190604005718j:plain

f:id:djrkmrym:20190604005734j:plain

f:id:djrkmrym:20190604005746j:plain

f:id:djrkmrym:20190604005807j:plain

f:id:djrkmrym:20190604005824j:plain

高山選手

f:id:djrkmrym:20190604005923j:plain

f:id:djrkmrym:20190604010003j:plain

f:id:djrkmrym:20190604010021j:plain

f:id:djrkmrym:20190604010059j:plain

俊介選手

f:id:djrkmrym:20190604010145j:plain

モヤ選手

f:id:djrkmrym:20190604010213j:plain

モヤ選手と板山選手

f:id:djrkmrym:20190604010315j:plain

f:id:djrkmrym:20190604010330j:plain

高橋投手

f:id:djrkmrym:20190604010415j:plain

ピンチで円陣

f:id:djrkmrym:20190604010454j:plain

f:id:djrkmrym:20190604010535j:plain

高山選手の変態打ち

f:id:djrkmrym:20190604010637j:plain

f:id:djrkmrym:20190604010704j:plain

f:id:djrkmrym:20190604010721j:plain

f:id:djrkmrym:20190604010747j:plain

f:id:djrkmrym:20190604010817j:plain

青柳投手

f:id:djrkmrym:20190604011116j:plain

小熊投手

α6400の高速連写のおかげでいろんなシーンを撮ることができました。

MC-11とSIGMA100-400mmを使ったスポーツ撮影も十分可能ですね。この位置から内野だけだとこれぐらいなら十分に撮れますが、外野までとなると100-400mmじゃ少し物足りなくなります。

そうなると150-600mmになってきますが、やはりSIGMA100-400mmの軽さはすごくいいですね。

 

α6400×MC-11×SIGMA100-400mmで使えるフォーカスエリアやモード、連写なんかはこちらに詳しく書いてあります。

 

同じ日にα7Ⅲでも撮影しています

 

サッカーの撮影してみました

 

望遠レンズをつけるとバランスも悪くなるのでL型プレートもおすすめです

 

SIGMA100-400mmレビュー記事はこちら

 

100-400mmよりも70-300mmならSEL70300Gがおすすめです

 

α6400のレビューはこちら

 

Eマウントでおすすめの望遠レンズまとめてます

 

α6400のおすすめのアクセサリーまとめてます