α6400におすすめのレンズ!標準ズームレンズとレンズキット編

f:id:djrkmrym:20190227100756j:plain

 

「リアルタイム瞳AF」「リアルタイムトラッキング」など新しい機能満載で発売されたα6400

 

α6500やα6300が発売された時に比べると比較的買いやすい値段設定になってますので、α6400は初心者の方にもおすすめできるカメラです。

 

α6400には初めからレンズがセットされているレンズキットが3種類ありますが、その3種類のレンズキットと、その他標準ズームレンズでおすすめなものを紹介していきたいと思います。

 

 

初心者におすすめα6400レンズキット

 

初心者の方に特におすすめなのが、すでにα6400にレンズがセットされて売ってあるレンズキットです。

f:id:djrkmrym:20190301005930p:plain

・パワーズームレンズキット:α6400+SELP1650

・ダブルズームレンズキット:α6400+SELP1650&SEL55210

・高倍率ズームレンズキット:α6400+SEL18135

ボディのみの他、レンズがセットされたキットが3種類あります。

 

レンズキットは、レンズが付属されている状態ですぐに写真が撮れるようになっているので、カメラを今から始める方や初心者の方には特におすすめです。

レンズキットはどれがおすすめなのかという記事も書いてますので、レンズキットをお考えの方はぜひ読んでください。最後にもリンク貼っておきます。

 

自分も最初はレンズキットからはじめましたが、やはり写真を撮るにつれて、もっとレンズが欲しくなり色々とレンズを使ってきました。

 

いわゆるレンズ沼ってやつです・・・笑

 

レンズキットじゃ満足できなくなった方のためにも、α6400におすすめの標準ズームレンズ紹介していきます。

 

APS-C用標準ズーム

SEL1655G

f:id:djrkmrym:20191029164853j:plain

2019年10月11日に発売されたSEL1655G

 

EマウントAPS-C用で初めてのF2.8通しの標準ズームで、Gレンズで写りもよく、AFもめちゃくちゃ速いです。

F2.8通しなので、16-55mm(35mm換算24-82.5mm)までF2.8のまま撮影できます。

f:id:djrkmrym:20191029164941j:plain

SEL1670Zと比べても少し大きいぐらいで、結構コンパクトにおさまっていますが、値段が高いのがネックです。

 

ただSEL1655Gには手振れ補正がついていませんので、手振れ補正のないα6400で使うには、その点だけ注意が必要です。

 

SEL1670Z

f:id:djrkmrym:20190301014030j:plain

値段を考えるとSEL1670Zが1番おすすめです。自分もこのレンズは大好きで、暗いところ以外では明るい単焦点レンズに変えてしまいますが、普段つけっぱなしにしておけるレンズです。

 

SEL1670Zはとても使い勝手の良い標準域の高画質ズームレンズで、F4通しなので16-70mm(35mm換算24-105mm)までF4のまま撮影できます。

 

キットレンズより値段はかなり上がってしまいますが、SELP1650からのステップアップとしてもおすすめのレンズで、画質もよく普段はこれ1本つけっぱなしでいいと言っていいほど便利なレンズです。α6000系の標準ズームレンズでは1番おすすめです。

 

SEL18135

f:id:djrkmrym:20190301020422j:plain

高倍率ズームキットレンズとしてついてくるSEL18135ですが、このレンズも非常に使い勝手がよくかなりおすすめです。

 

18~135mm(35mm換算27~202mm)までを1本でカバーする超便利ズームで、極力荷物を減らしたい旅行などに持って行くレンズとしてもおすすめです。

 

2018年に発売された最新設計のレンズになりますので、高倍率ズームレンズとしては画質もかなり良好です。軽くてコンパクトで値段も比較的安めです。

 

SEL1670Zと悩ましいところですが、16mmの広角そしてF4を選ぶならSEL1670Z、便利な1本を選ぶならSEL18135といった感じでしょうか。

 

SEL1018と組み合わせれば、2本で10~135mm(35mm換算15~202mm)まで撮れることになります。旅行なんかにはおすすめの組み合わせですね。

 

SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM

f:id:djrkmrym:20190301022711j:plain

個人的にかなりおすすめなのが、SIGMAのこのレンズ。

 

SONY純正ではなくSIGMAのキヤノン用のレンズになるのでMC-11というアダプタを介して装着する必要がありますが、α6400でも純正とほぼ変わらない感じで使用できます。

 

F値が2.8~4と明るく、最短撮影距離が0.22mとかなり寄れるというのがこのレンズの特徴で、17-70mm(換算25.5~105mm)とズーム域も広いのでかなり使いやすいレンズです。SONY純正のレンズと比べて値段もかなり安いので、MC-11を持っている方には特におすすめのレンズです。

 

SEL1670Zを使っているけど、もう少し寄りたい・・・という方におすすめです。

 

 

 

フルサイズ用標準ズーム

 

α6400はAPS-Cですが、フルサイズ用のレンズを使うことも可能です。

フルサイズ用のレンズはAPS-C用に比べ少し大きいので、重さ的にはおすすめはできませんが、フルサイズとAPS-C両方を持ってたり、フルサイズに移行する予定がある人なんかにはおすすめです。

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di Ⅲ RXD (A036)

f:id:djrkmrym:20190301024208j:plain

28-75mm(35mm換算42-112.5mm)なので広角の写真が撮れませんが、EマウントAPS-C用はF2.8の標準ズームがありませんので、このレンズをつけるのもおすすめです。

追記→SEL1655Gが発売されたので、SEL1655Gがおすすめですが、値段はこちらのレンズの方が安かったりします・・・。

 

F2.8通しのレンズですので背景を大きくボカした写真が撮れます

フルサイズF2.8通しのズームレンズとしては非常に軽量でしかも値段も安いので、将来フルサイズを考えてる方なんかにも特におすすめのレンズです。αシリーズはEマウント統一なので、APS-Cでもフルサイズのレンズを使えるというのが良いですね。

手振れ補正がついていないという点だけ注意が必要です。

 

SEL24105G

f:id:djrkmrym:20190301025307j:plain

SEL24105Gはフルサイズでとても人気の標準ズームレンズです。

新しいだけあって画質がものすごいキレイです。α6000シリーズボディにつけるとかなり大きくなってしまいますが、画質を求める方にはかなりおすすめの1本です。24-105mm(35mm換算36-157mm)という広いズーム域、F4通しというのも魅力の1つです。

 

まとめ

 

やはり普段は標準ズームレンズが1番使用頻度が高いのではと思います。自分も日中は標準ズームレンズを付けっぱなしにしていることがほとんどです。

α6400はコンパクトで軽量なので、その良さを活かすにはSELP1650、SEL1670Z、SEL18135がおすすめになってきますね。

 

個人的にはやはり軽くて写りの良いSEL1670Zが1番のおすすめですね。

SEL1670Z

 

SEL18135

 

SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di Ⅲ RXD (A036)

 

SEL24105G

 

 

α6400と一緒に買いたいアクセサリーなどまとめてます

 

α6400のレンズキットの選び方書いてます

 

SELP1650のレビュー書いてます

 

α6400におすすめの望遠レンズも書いてます

 

α6400レビューはこちら

 

α6400で新しくなった機能や設定画面など写真付きで載せています