【SEL18135 作例レビュー】旅行,お出かけにはこの1本!高画質な便利ズーム!

f:id:djrkmrym:20190301090522j:plain

2018年2月に登場したSONYのEマウントレンズ【SEL18135】

18-135mmとズーム域が広く、軽くてコンパクトなのでできるだけ荷物を減らしたい旅行や、1本でなんでもある程度撮りたいといったときにとても便利なレンズです。

高倍率ズームは広角から望遠まで1本でいけるという利便性を求めていますが、SEL18135は最新設計で画質もいいので、かなり使える高倍率ズームです。。

自分も日中のお出かけの時はSEL18135だけを持って行くことが多いです。

 

 

SONY E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135

 

スペック

・定価:80,000円

・発売日:2018年2月2日

・焦点距離:18-135mm(35mm換算27-202mm)

・開放F値:F3.5-5.6

・最大径×長さ:67.2.mm×88.0mm

・重量:325g

・フィルター径:55mm

・最短撮影距離:0.45m

・最大撮影倍率:0.29倍

・絞り羽根枚数:7枚

・レンズ構成:12群16枚

・手ブレ補正:あり

高倍率便利ズームということであまり期待はしていませんでしたが、軽くてコンパクトでオートフォーカスも速く写りも結構良いので、軽量化のためにレンズ1本でお出かけしたい時なんかによく使うレンズになっていました。

 

特徴・良いところ

広角18mmから中望遠135mmまで撮れる広いズーム域(35mm換算27-202mm)

なんといってもこのレンズの魅力は広角から中望遠まで1本で撮れてしまうことです。子連れのパパママカメラマンや、旅行やお出かけなんかにおすすめのレンズです。

軽くてコンパクト

325gとかなり軽くα6500,α6400,α6300,α6000につけてもかなりコンパクトなので小さいバッグにでも十分入ってしまいます。

f:id:djrkmrym:20190301020422j:plain

α6500につけるとこんな感じです

望遠側でかなり寄れて大きく写せる

最短撮影距離は45cmとなっており広角端18mmでは寄れないのですが、望遠側ではかなり寄れるレンズになります。

f:id:djrkmrym:20190301102937j:plain

望遠端だとここまで寄れることができますので、撮りたいものを大きく写すことができます。

 

f:id:djrkmrym:20190301095042j:plain

この写真は99mm(35mm換算148mm)で撮影しているのでまだまだ寄ることができますが、このようにテーブルフォトなんかでも十分使えます。

 

外観・フィルター

f:id:djrkmrym:20190301095748j:plain

f:id:djrkmrym:20190301095807j:plain

135mmまでズームすると4cmほど伸びます。

 

f:id:djrkmrym:20190301095918j:plain

横にはAFとMFをすぐに変えれるスイッチがついています。

 

f:id:djrkmrym:20190301100105j:plain

フィルターは55mm。かなりコンパクトです。

自分はいつもKENKOのPRO1Dシリーズを使っています。薄型で値段も安いのでおすすめです。

 

カメラに装着してみるとこんな感じ

f:id:djrkmrym:20190606232309j:plain

f:id:djrkmrym:20190606232357j:plain

レンズが325gですので、α6500(453g)につけると778gα6400(403g)につけると728gα6300(404g)につけると729gになります。手に持ったバランスもかなりいいです。

手が大きくて小指の置き位置がない、もう少しグリップしたいという方はL型プレートもおすすめです。

 自分もつけていますが、1度使うともう外せないアイテムになりました。

 

F値の変動・各焦点距離開放F値

 

F値は3.5-5.6の変動になります。

18mm<F3.5>19~26mm付近<F4.0>27~39mm付近<F4.5>40~56mm付近<F5.0>57mm~<F5.6>という感じでした。

室内では明るい単焦点レンズを使うのが理想ですが、26mm辺りまでF4で使えますので、ISO感度が少し上がりますが室内でも十分使えます。

 

オートフォーカスは速い

オートフォーカスはAF-SもAF-Cも速いです。自分は子どもをメインに撮っているのでほぼAF-Cで撮っていますが、AF速度が速いので子どもが走っていても撮り逃すことなく撮影できます。

f:id:djrkmrym:20190304234858j:plain

f:id:djrkmrym:20190304233641j:plain

ブランコに乗っているのを撮るのって結構難しかったりしますが、結構しっかり追ってくれます。

 

撮りたいものをサッと撮れる広いズーム域

なんといってもこのレンズの最大の特徴は18-135mm(換算27-202mm)といった広いズーム域です。日中のおでかけはこれ1本あれば十分です。

自分は公園に行くときなんかはこのレンズをよく持って行きますが、子ども2人がバラバラに行動しても広いズーム域のおかげでシャッターチャンスを逃すことなく撮影することができます。パパママカメラマンにはめっちゃおすすめ!

f:id:djrkmrym:20190304235033j:plain

f:id:djrkmrym:20190304235229j:plain

 

ほどよくボケる

f:id:djrkmrym:20190304235255j:plain

F値が3.5-5.6なので大きいボケが期待できるレンズではありませんが、135mmF値開放で撮るとこれだけボケてくれるんですよね。結構自然でキレイなボケだったりします。個人的には背景を見て子ども達がちゃんと場所がわかるぐらいの写真が好みなので、SEL18135のボケ具合は自分にはちょうどいいレンズだったりします。

 

 

 

ちょこっと作例

 

f:id:djrkmrym:20190305000530j:plain

f:id:djrkmrym:20190305000603j:plain

f:id:djrkmrym:20190305000722j:plain

f:id:djrkmrym:20190305000751j:plain

f:id:djrkmrym:20190305000944j:plain

f:id:djrkmrym:20190305001207j:plain

f:id:djrkmrym:20190305001257j:plain

f:id:djrkmrym:20190305001526j:plain

f:id:djrkmrym:20190305001554j:plain

f:id:djrkmrym:20190305001627j:plain

f:id:djrkmrym:20190305001648j:plain

f:id:djrkmrym:20190305001749j:plain

f:id:djrkmrym:20190305001805j:plain

f:id:djrkmrym:20190305001833j:plain

f:id:djrkmrym:20190305001950j:plain

f:id:djrkmrym:20190305002052j:plain

f:id:djrkmrym:20190305002312j:plain

f:id:djrkmrym:20190305002604j:plain

f:id:djrkmrym:20190305002627j:plain

f:id:djrkmrym:20190305002751j:plain

f:id:djrkmrym:20190305002913j:plain

f:id:djrkmrym:20190305003014j:plain

 

SEL18135は本当に便利なレンズ

 

SEL18135は発売後すぐに購入してみましたが、1日つけっぱなしにできる本当に便利なレンズです。

荷物を減らしたいけどしっかり写真を撮りたい、カメラをはじめたのでとりあえずレンズが1本ほしいという方なんかに最適な1本です。パパママカメラマンのお散歩レンズにもホントにおすすめ!

高倍率ズームは結構敬遠されがちなイメージですが、Eマウントでは最新設計な方で画質もいいのでぜひ使ってほしい1本でもあります。

 

 

 

α6400におすすめのレンズ書いてます

 

α6000シリーズ,α6400におすすめのアクセサリーまとめてます

 

Eマウントおすすめの望遠レンズまとめてます

 

α6400のレビュー書いてます