【SIGMA100-400mmライトバズーカ 作例レビュー】運動会に使える望遠レンズ!α7ⅢとMC-11で使ってみました

f:id:djrkmrym:20190221231737j:plain

 

SONY純正望遠レンズは高い!

 

ということで、比較的安価なシグマ100-400mmライトバズーカを、α7ⅢとMC-11で使用してみました。

 

焦点距離が同じSEL100400GMと比べたらAFの速さや精度は落ちますが、「この値段でこれだけ使えたら十分!」といった感じなので、SONY純正望遠レンズが高くて買えないという方には非常におすすめのレンズです。

 

追記:2020年7月、Eマウント専用ライトバズーカが発売されました。

 

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM "ライトバズーカ"

 

スペック

・定価:105,000円

・発売日:2017年4月21日

・焦点距離:100-400mm

・開放F値:F5-6.3

・最大径×長さ:86.4mm×182.3mm

・重量:1160g

・フィルター径:67mm

・最短撮影距離:1.6m

・最大撮影倍率:0.263倍

・絞り羽根枚数:9枚

・レンズ構成:15群21枚

・手ブレ補正:あり

特徴・良いところ

100-400mmという広いズーム域

特に運動会では、グランドの広さにもよりますが、これ1本あればというレンズです。24-105mmの標準ズームと組み合わせれば2本で24-400mmまでカバーできてしまいます。

 

純正レンズより圧倒的に安い

SONY純正の望遠レンズSEL100400GMは定価320,000円。約3分の1の値段です。

 

ライトバズーカという名前だけあって1160gと軽い

SEL100400GMは1395g、EF100-400mmは1570gと純正と比べてかなり軽いです。

 

APS-Cに装着すれば150-600mmとして使える

フルサイズ用のレンズですが、当然APS-Cカメラでも使用できます。APS-Cでは150-600mmになるので、超望遠レンズとして使用できます。

 

USB DOCKでレンズをカスタマイズできる

手振れ補正の効き具合、フォーカスリミッター、ピント調整、AF速度の調整など、レンズを自分好みにカスタムすることができます。

 

直進ズームが便利

ズームリングで操作するのではなく、フードを持って前後に動かしズームすることが可能です。ズームリングを回すより素早くズームすることができます。

 

TAMRON 100-400mm A035と比較

100-400mmを使うにあたって、先にTAMRON100-400mmを購入してみました。

 

MC-11との相性はもちろんSIGMAのレンズの方がいいのはわかっていましたが、TAMRON100-400mmも使ってみたいという気持ちがありましたので、とりあえず先にTAMRONを購入してみました。

 

ネットの情報があまりなく使えればラッキーぐらいに思っていましたが、α7Ⅲでは連写がHi+、Hi、Midだとピントが1枚目固定になってしまい、Loしかまともに使えることができませんでしたので、すぐにSIGMAに買い替えました(2019.2.4時点最新ファーム使用)。

 

AF速度がSIGMAよりTAMRONの方が速かっただけに残念です。

 

 

 

外観 

f:id:djrkmrym:20190221231835j:plain

最大径は86.4mm×長さは182.3mm。

 

いくら軽量とはいえ、70-300mmのレンズと比べると一回り大きく、さすがにずっしり感じます。

 

f:id:djrkmrym:20190221231812j:plain

フード内側は滑り止めみたいになっており、持ちやすくなっています。

 

f:id:djrkmrym:20190221231922j:plain

135mm

 

f:id:djrkmrym:20190221231933j:plain

200mm

 

f:id:djrkmrym:20190221231949j:plain

300mm

 

f:id:djrkmrym:20190221232009j:plain

400mm

 

400mmまでズームすると、約8センチほど伸びます。 

f:id:djrkmrym:20190221232036j:plain

フード収納時はズームレバーがほぼいっぱい隠れているので、このままだとズームレバーを操作しにくいです。

 

f:id:djrkmrym:20190221232052j:plain

100mmでロックできるようになっていますが、下を向けてもズームがずれることはありませんでした。

 

とはいえ、ズームリングの操作はかたくて重いわけでもなく非常にスムーズです。

f:id:djrkmrym:20190221232104j:plain

ズームリングの回転角は約80度で、100mmから400mmまでの操作も1度で素早くできるので非常に使いやすいです。

 

TAMRONのレンズは回転角が130度ぐらいで1度の操作で100mm~400mmの移動は難しかったので、個人的にここは気に入っています。

 

スイッチ類

f:id:djrkmrym:20190221232134j:plain

f:id:djrkmrym:20190222092506j:plain

f:id:djrkmrym:20190221232222j:plain

スイッチは上から、

・AF,MFなどを操作する【フォーカスモード切り替えスイッチ】。「MO」はフルタイムMFモードです。

 

・ピントを合わせる撮影距離の範囲の距離を制限できる【フォーカスリミッタースイッチ】

 

・手ブレ補正を設定できる【OSスイッチ】。1が通常の手ブレ補正モード、2が流し撮りモードです。

 

・USB DOCKにてカスタムした内容が反映される【カスタムスイッチ】。手ブレ補正の効き具合、AF速度、フォーカスリミッターなどを設定できるので、USB DOCKを購入して自分好みにカスタムすることをおすすめします。

 

 

F値の変動・各焦点距離開放F値

F値は5-6.3で変動します。

 

100~114mm付近<F5.0>、~234mm付近<F5.6>、234mm付近~<F6.3>という感じです。

 

フィルター

f:id:djrkmrym:20190221232243j:plain

フィルターは67mm。比較的リーズナブルなサイズなので有難いです。

安定のKENKO PRO1Dを使用しています。

 

α7Ⅲに装着した重量

f:id:djrkmrym:20190221232308j:plain

f:id:djrkmrym:20190221232325j:plain

ライトバズーカとはいえ、やはりなかなかデカイです。

 

α7Ⅲ(650g)、MC-11(125g)、SIGMA100-400mm(1160g)=1935gとなりました。

 

100-400mmのレンズの中では断然軽い方なので、運動会などでも手持ちで全然振り回せるサイズ感だと思います。

 

 

 

α7ⅢとMC-11でSIGMA100-400mmを使ってみて

 

α7ⅢやSONYのミラーレスカメラで使うには「MC-11」というコンバーターと一緒に使う必要があります。

→2020年7月、Eマウント専用ライトバズーカが発売されました。

 

オートフォーカスは速い。運動会にもおすすめ

AFは全焦点距離普通に速いです。

 

AF-Cは瞬時に合いますが(純正レンズよりは遅く感じる)、AF-Sは「シュピッ」といった感じで純正レンズよりは少し遅いです。

 

運動会、飛行機、大きい鳥なんかを撮るなら十分のAF速度です。

 

フォーカスリミッタースイッチFULLの状態で、遠くからいきなり近くにピントを持ってきたときなどにほんの一瞬迷いというか間ができたりすることがあります。

 

その辺の精度が純正とは違いますが、フォーカスリミッタースイッチをうまく使えばそこまで迷ったりはありません。

 

友人はこのレンズで普通にカワセミを撮影しているので、結局最終的には腕の問題・・・ですかね・・・汗。 

f:id:djrkmrym:20190222103140j:plain

ロープに振り回されまくってますが、しっかり追従してくれます。

 

f:id:djrkmrym:20190222103846j:plain

目の前にフェンスがありますが、フォーカスリミッタースイッチで範囲を設定しているので、目の前に柵やフェンスがあっても問題ありません。

 

f:id:djrkmrym:20190222104329j:plain

運動会でもばっちり活躍してくれそうです。

 

瞳AFもばっちり使える

f:id:djrkmrym:20190222103532j:plain

f:id:djrkmrym:20190222103556j:plain

f:id:djrkmrym:20190222104444j:plain

瞳を捉えてくれるスピードも全焦点距離速く、いい感じに使えます。MC-11すごいです・・・!

 

連写も制限なく使える

TAMRON100-400mmはLoのみしかピント追従しませんでしたが、SIGMA100-400mmは連写も制限なく使えます

f:id:djrkmrym:20190221160602j:plain

f:id:djrkmrym:20190221165125j:plain

f:id:djrkmrym:20190222104951j:plain

α7Ⅲだと「11コマ/秒」が使えるのは非常に嬉しいです。MC-11を使うと連写中にフリーズするなど情報がありますが、今のところ連写中の不具合など1度もありません。

 

直進ズームが使いやすく便利

フードを持って前後に動かすことによってズーム操作ができる直進ズーム。直進ズーム専用フードになっているので非常に持ちやすく、即座にズームできるので突然の画角変更にも対応できます。 動きも非常に滑らかです。

 

 

 

ちょこっと作例

f:id:djrkmrym:20190222105610j:plain

f:id:djrkmrym:20190222105643j:plain

f:id:djrkmrym:20190222105715j:plain

f:id:djrkmrym:20190222105728j:plain

f:id:djrkmrym:20190222105810j:plain

f:id:djrkmrym:20190222105844j:plain

f:id:djrkmrym:20190225131128j:plain

f:id:djrkmrym:20190225131148j:plain

f:id:djrkmrym:20190225131239j:plain

f:id:djrkmrym:20190222110003j:plain

f:id:djrkmrym:20190222110045j:plain

f:id:djrkmrym:20190222110103j:plain

ピントの合ったところはカリッと、そしてボケも結構キレイです。

 

望遠レンズは、普段目で見る景色とは大きく違う世界がファインダーに写しだされるので、撮っていても非常に楽しいです。

 

公園で遊んでる子どもを撮る場合にもぴったりなレンズですね。

 

軽量で使いやすくα7Ⅲにもぴったりな望遠レンズ

 

100-400mmの望遠レンズとしては非常に軽量で、AFも速く写りもいいので非常に使いやすく、しかも安いというコスパ最強の望遠レンズです。

 

SONYのミラーレスカメラで使う場合MC-11と一緒に使うことが条件となりますが、SONY純正望遠レンズが非常に高価なので、個人的には安く買えるという点が1番有難いですし、これだけ使えれば十分といった感じです。

 

自分はα7Ⅲでの使用になりますが、キャノン、ニコンのカメラを使ってる方にとっても非常におすすめのレンズですね。

 

【ソニーEマウント専用】

 

【キヤノン用】

 

SONYのカメラで使う場合はMC-11にキヤノン用レンズを使用します。

 

【ニコン用】

 

▼レンズをカスタムできるUSB DOCK

 

このレンズを買う前はTAMRON100-400mmを使ってました

 

追記:α7Ⅲ,α6400とMC-11との使用感

 

α7Ⅲ,α6400とMC-11とSIGMA100-400mmの使用感についても書いてみました

 

Eマウントのおすすめの望遠レンズまとめてます

 

α7Ⅲアップデート後の変更点や設定方法など書いてます