コアマンVJシリーズ 交換におすすめのフック

f:id:djrkmrym:20200611100215j:plain

 

めっちゃよく釣れる、コアマンVJシリーズのおすすめのフックについて書いてみます。

 

VJシリーズの純正フックってめっちゃ小さいですよね。

 

もちろんVJのポテンシャルを最大限に引き出すために純正フックを使うのが1番で、自分も基本は純正フックを使用していますが、

 

青物狙いや強引にやり取りしたい時などはやっぱり純正フックだと少し心配なので、そんな時に使っているフックを紹介します。

 

あくまで自分の使っているものなので、参考程度にしていただけたらと思います。

 

 

VJ純正 がまかつトレブル13

 

f:id:djrkmrym:20200611084144j:plain

純正 VJ-16,VJ-22,VJ-28

VJの純正フックは「がまかつトレブル13」が装着されており、

 

VJ-16と22には「#10」、VJ-28は「#8」が搭載されています。

 

「小さいし弱い!」なんて声もよく聞きますが、やっぱり理由があってこの種類このサイズになっていますし、

f:id:djrkmrym:20200611090608j:plain
f:id:djrkmrym:20200611090733j:plain

なにより純正フックはやっぱり口の中だったり口周りのいいところにばっちりかかってくれますよね。

 

f:id:djrkmrym:20200611090558j:plain
f:id:djrkmrym:20200611090744j:plain

強引にやると伸びちゃいますが、真鯛相手でもしっかりキャッチできます。

 

フィーモ(fimo)フックMH#10

 

自分は基本は純正フックで、外洋で荒れてる時だったり、青物がやけに多いなーなんて時にはフックを交換します。

 

そんな時にいつも使うのがフィーモフックMH#10です。

f:id:djrkmrym:20200611083621j:plain

f:id:djrkmrym:20200611084353j:plain

最初はがまかつSPMHを使っていたのですが、フィーモフックを使ってみると刺さりもいいし、強いし、錆びにくいし、10本入りだしでめっちゃ気に入りました。

 

f:id:djrkmrym:20200611090223j:plain
f:id:djrkmrym:20200611090234j:plain
f:id:djrkmrym:20200611090409j:plain
f:id:djrkmrym:20200611090246j:plain
f:id:djrkmrym:20200611090526j:plain
f:id:djrkmrym:20200611090541j:plain

 

▼純正フックと比べるとこんな感じです(左純正、右fimo)。

f:id:djrkmrym:20200611084156j:plain
f:id:djrkmrym:20200611084750j:plain
VJ-16
f:id:djrkmrym:20200611084210j:plain
f:id:djrkmrym:20200611085022j:plain
VJ-22
f:id:djrkmrym:20200611084336j:plain
f:id:djrkmrym:20200611085035j:plain
VJ-28

たまにワームに刺さったり乗ったりすることもありますが、気になるほどではありません。

 

 

がまかつSPMHと比較

がまかつRBなんかも使ってみましたが、やっぱりシャンクが短いSPの方がトラブルも少なくよかったので、SPMHとフィーモフック#8とも比較してみます。

f:id:djrkmrym:20200611084120j:plain

f:id:djrkmrym:20200611084353j:plain
f:id:djrkmrym:20200611084404j:plain
f:id:djrkmrym:20200611084415j:plain
f:id:djrkmrym:20200611084427j:plain

 

▼フィーモフック#8、#10

f:id:djrkmrym:20200611084451j:plain

 

▼がまかつSPMH#8、#10

f:id:djrkmrym:20200611084642j:plain

 

▼純正、fimo、がまかつ(#10)

f:id:djrkmrym:20200611084653j:plain

 

▼純正、fimo、がまかつ(#8)

f:id:djrkmrym:20200611084708j:plain

 

▼純正#8、fimo/がまかつ#10

f:id:djrkmrym:20200611084720j:plain

 

▼fimo#10、がまかつ#8

f:id:djrkmrym:20200611084737j:plain

こうして見ると同じ番手だとフィーモフックががまかつSPMHよりも少し大きく、純正に近い大きさで考えるとがまかつSPMHの方が近いです。

 

最初は純正により近いがまかつSPMH#10を使っていたのですが、青物をかけた時にフィーモフック#10の方が強度があったので、それ以来純正とフィーモフック#10を使い分けるようになりました。

 

自分はたいがいこの2つしか使いませんが、青物狙いなら特に22と28は#6ぐらいまでならそこまで動きは悪くならないですし、

 

フロント#6、リア#8という風にセッティングにすればよりテール側も動きやすくなります。

 

最後に

 

もちろん1番いいのは純正フックを使うことですが、フックを変えたとしても十分に釣れてくれるルアーです。

 

自分がよく使うフィーモフック#10、強くて錆びにくくて刺さりもいいですし、ぜひ試してみてください。

f:id:djrkmrym:20200611090541j:plain
f:id:djrkmrym:20200611090526j:plain
f:id:djrkmrym:20200611083621j:plain
f:id:djrkmrym:20200611084353j:plain

 

・関連記事

VJシリーズおすすめの人気カラー