淡路島で良型のヒラスズキ!レスポンダー149Fはシャローで使いやすいルアー

f:id:djrkmrym:20181128093800j:plain

2018.11.22(木)

11月に入るまでの釣行ペースがまぁまぁやばかったので、ちょっとお久しぶりの釣り。少し自主規制気味にやってます・・・笑

数年通い詰めた場所である程度釣れるパターンというかタイミングがわかってきたので、確認作業のため行ってきました。

 

 

シャローなゴロタサーフの上げ潮

 

この日入ったポイントは広いゴロタサーフのような場所で岬もあり、流れは比較的よく効くところで、過去に上げ潮の方がいい思いをしているので、自分的には上げ潮がベストだと思っている場所。

下げ潮でも釣れるんだけど、上げの方が高確率に釣れて、今回も1時間という短い時間での釣行。

 

サイレントアサシン140Fで反応あり

 

狙いの時間の約1時間前に入るも思ったような流れではなく、狙いの時間に近づくにつれやはりいい感じの潮になってきて、目の前にはいかにもな潮目が。

 

そんなタイミングで、沖の潮目の中で「コンッ」とつまむようなアタリ!!

すかさずフッキングするも、すぐにバラし・・・ 

f:id:djrkmrym:20181128100133j:plain

バレたーーーーーー!!!!!

1度しかないかもしれない貴重なアタリをやってしまった。ただ、やはり当たりのでるタイミングはバッチリ!

それから30分、潮はいい感じなんだけど無反応が続き・・・

まぁシーバスからのコンタクトはあったので、確認作業にはなったしヨシとしよう・・・と思いつつも、もう少しキープキャスティング。

 

淡路島では十分良型のヒラスズキ

 

依然潮はいい感じに動きつつ、いかにもな潮目も・・・。

ゴロタサーフの狙い目は「沖の潮目」そして「手前のブレイク」

レスポンダー149Fを遠投して沖の潮目を狙い、そして手前のブレイクもきっちり探る。そんなことを繰り返してると、手前ですんごいアタリが!

 

「ゴンッ!!」

まさにいきなりロッドを引っ張られたような感覚。

すぐに良型だとわかったので、エラ洗いとブレイクに擦られることに気を付けながら魚を誘導してサーフへずり上げランディング!

f:id:djrkmrym:20181128093800j:plain

写真じゃ伝わらないけど、淡路島じゃ十分良型な60サイズのヒラスズキ!

沖の潮目を回遊してくるマルスズキを狙っていただけに、嬉しい魚!ここでもヒラスズキが釣れるのは分かってましたが、このサイズは初めてでした。

 

撮影してると潮も緩んだので、終了。

上げのとある1時間のタイミングで予定通り?キャッチできたけど、他の時間でも釣れるようになるというのが今後の課題かな。

 

エクスセンスジェノス S97MH/F×レスポンダー149F

 

使用ロッドは最近ハマっているエクスセンスジェノス S97MH/F。最近淡路島の外向きのプラグゲームはこのロッドを使ってます。レスポンダー149Fとの相性も抜群。

ヒラスズキはお持ち帰り

 

もちろんおいしいヒラスズキなのでキープしてお持ち帰り。

f:id:djrkmrym:20181128101939j:plain

最近魚見たがり触りたがりの子どもたち。魚持って帰ったらいつも大喜びしますw

 

今回は、現場でエラも内臓もとって、リードつめこんでラップして1日半ほど寝かせてみました。

f:id:djrkmrym:20181128102051j:plain

ハラミの塩焼きはホント絶品。もちろんお刺身も。

最高のごちそうになりました♪

 

次は勇気をもって5日ほど寝かせてみたい・・・