エクスセンスジェノスS97MH【インプレ】硬いけど曲がる使用感抜群のロッド

f:id:djrkmrym:20190531110031j:plain

2018年秋に登場のエクスセンスジェノス

 

エクスセンスジェノスが出る前年2017年に登場したエクスセンスインフィニティはエクスセンスシリーズでも一気に進化したなと思えたロッドでした。

インフィニティの使い心地が最高なので、もちろんジェノスも最高だろう・・・

 

そんなわけで発売してすぐに「エクスセンスジェノスS97MH/F」を購入しました。

 

使用感もよく本当に最高のロッドです。

 

スペック

・全長:2.92m

・継数:2本

・仕舞寸法:150.1cm

・自重:143g

・適合ルアーウェイト:8~48g

(スペックはメーカーHPにも書いてある中でも、自分が重要視している部分だけです)

f:id:djrkmrym:20190531113003j:plain

グリップは結構短めです。

自分は肘にあてる派ですが、脇に挟んで操作する人には少し短いかもしれません。

 

持ってみた第一印象

軽い!細い!硬い!

f:id:djrkmrym:20190531120007j:plain

まず思ったこと「めっちゃ軽い!」「そして細い!」

 

写真じゃわかりにくいですが、97MHで~48g表記のロッドとは思えない軽さと細さ。

 

ただがっしり感はあります。細マッチョみたいな。

f:id:djrkmrym:20190531120232j:plain

細くて軽いのでホントにパワーあるのか?と思いましたが、ティップを軽く床に押し付けてみると「硬い」です。ただこのまま曲げていくと結構素直に曲がりそうな感じです。

 

握りやすく感度の良いカーボンモノコックグリップ

エクスセンスインフィニティと同じくカーボンモノコックグリップが採用されてます。

インフィニティを使った時にも感じましたが、カーボンモノコックグリップは振動がより伝わってくる感じで、感度はかなりいいです。

f:id:djrkmrym:20190531140833j:plain

f:id:djrkmrym:20190531140856j:plain

f:id:djrkmrym:20190531141051j:plain

左ジェノス、右インフィニティ

形状は違いますが、どっちも持ちやすく感度は抜群に良いです。

インフィニティは細く、ジェノスは〇になってるので、グリップの形は全然違います。

 

個人的には、ジェノスの◯の形はかなり握りやすく好みです。

 

キャストフィール・曲がり具合

 

ラインを通して軽く曲げてみると、細さに似合わず結構なパツパツ具合です。

f:id:djrkmrym:20190531141430j:plain

「結構かてぇ~」みたいな

結構硬いので、~48g表記なのも納得で、たいがいのルアーをビシッと振り切ることができます。

腰までウェーディングした状態でも、上半身をしっかり使ってキャストすれば十分飛距離がでます。

 

ウェーディングにもめっちゃいいロッド。 

f:id:djrkmrym:20190531141546j:plain

確かに結構硬いですが、曲げ込んでいくと結構曲がってくれます。

写真では全然曲がっていませんが、もっと曲がります。

 

硬いロッドに慣れていなければキャスト時のリリースポイントの狭さに最初は少し苦労するかもしれませんが、すぐに慣れますし、飛距離と精度はものすごい良いです。

 

向かい風でもしっかり振りきれて、腰までウェーディングしてる状態でも飛距離も出て、バックスペースがあまりなくて思いっきり振りかぶれなくても上半身で前に押し出してあげるイメージでキャストすれば勝手に飛んでいきます。

 

とにかく飛距離がすごい!

 

使用感

鰤(青物)を釣ってみて

買った翌日、運よく鰤を釣ることができました。

f:id:djrkmrym:20190531135854j:plain

8kgオーバーの鰤

この日は10キロ近くの鰤が釣れる状況だったので、一応シーバスロッドということで不安だったのですが、このロッドの強さにびっくりしました。

 

インフィニティの記事にも書きましたが、曲がってからの安心感が半端ないです。

 

8キロオーバーの鰤だったのでヒット後はロッドが一気に曲がってドラグが出される状態でしたが、フックが2番だったこともあり、すぐにドラグも締め気味にして結構強引にファイトしました。

 

買って最初にかけた魚ということもあったので少し恐かったのですが、おもいっきり曲げました。

 

インフィニティの時と同じく曲げ込んだ時にすごい粘りを感じたので、思いっきり曲げてタメを効かせながら、普通に寄せることができました。

 

3分ほどで寄ってきたのでメジロかと勘違いしたのですが、浮いてきてびっくりなサイズでした。

 

粘るロッドのすごさを知った瞬間でもありました。

曲がるけどそこで粘るという、インフィニティ以前のエクスセンスではないような感じで、バットのパワーも半端ない。

 

シーバスを釣ってみて

鰤をこれだけ制御できるんだから、シーバスには強すぎるんじゃ?と思いましたが、全然そんなことありませんでした。

この日は運よくシーバスの入れ食いに遭遇したのですが、ロッドの感度のおかげですぐに魚の居場所をつかむことができました。

 

ウェーディングでしたがロッドのおかげで飛距離も稼げることができ、しっかり曲がってくれるので浸かりながらのランディングもスムーズにできました。

 

鰤を釣った時に、このロッドシーバスには強すぎる!と思ったのですが、50cmぐらいのシーバスでもMHのファーストテーパーとは思えないぐらいしっかり曲がってくれて、曲がってからのタメもきいてくれるのでバラシが非常に少なく使いやすいです。

f:id:djrkmrym:20190531145147j:plain

曲がりこんでタメが効いて、硬いのにティップの追従性もそこそこいいので、フックが細軸なコアマンルアーでも安心して使用できます。

 

風の強い日なんかは硬いロッドを使いたいので、そんな時でも安心してコアマンルアーを使えるという点が個人的にはすごく大きいです。

 

f:id:djrkmrym:20181128093800j:plain

ヒラスズキにも十分対応できるし、かなり汎用性の広いロッドですね。

 

サイズなりに曲がってくれる

~48g表記のMHのロッドなので硬いのは硬いですが、50cm程度のシーバスにも十分曲がってくれる不思議な感じのロッドです。

 

ただやはりやり取りを楽しめるのは、60.70を超えたシーバスがベストでしょうか。

 

軽いので剛竿という感じはないですが、80を超える太いシーバスをストラクチャーから一気に離すパワーは十分にあります。

 

それでいてしっかり曲がって粘ってくれるんだから不思議な感じです。

 

「軽いけど張りがあって大型ミノーもしっかり振りきれて、シャキッとして感度も良い、魚をかければしっかり曲がる」まさに理想のロッドです。

 

このロッドを買うまで同じような局面では、反発力の強いGクラフトのMSLS-982-PEを使っていましたが、反発力が強すぎるゆえにエラ洗いなんかでバレることが多かったですが、エクスセンスジェノスはしっかり曲がりこんでくれてティップの追従性も良いのでバラすことがホントに減りました。エラ洗いが全然恐くないです。笑

 

まとめ

 

スペック的には硬いロッドの部類です。

 

キャストはもちろんビシッと振り切ることができて、魚がかかればしっかり曲がってくれるという結構不思議なロッドです。

 

硬いロッドで多い「硬いから曲がらなくてバレやすい」という現象に悩んでいる人には特におすすめのロッドですね。

97MHは、サーフや磯や足場の高い場所や、風の強い日なんかに使っています。

 

ジェノスS97MH/Fのパワーを落としたようなロッド

 

Gクラフトもいいロッドばかりです。