ランディングシャフト(タモの柄)のメンテナンス方法!固着防止や滑りを良くするために

f:id:djrkmrym:20190425094259j:plain

 

魚を釣る上で大事なアイテムの1つ、「ランディングシャフト」(タモの柄、玉ノ柄)

 

購入後は「スルスルーッ」と気持ちよく滑って伸びてくれるんですが、使用しているうちにどうしても滑りが悪くなり、伸びが悪くなってしまいます。

 

そんな時は少しメンテナンスをすることで滑りがまた良くなりますが、自分のやっているメンテナンス方法を紹介します。

 

 

メンテナンスに必要な物

ボナンザ

f:id:djrkmrym:20190425095657j:plain

まず1つは「ボナンザ」です。

 

シャフトの動きをよく(滑りやすく)するために使います。自分はアマゾンで買いました。

スプレータイプもありますが、自分はスプレーではない方を使っています。

 

シリコンスプレー

f:id:djrkmrym:20190425100350j:plain

これもシャフトの滑りをよくしてくれるもので、ボナンザと同じ役割なので、ボナンザかシリコンスプレーどちらかで大丈夫です。

 

以前はシリコンスプレーを使ってメンテナンスしていましたが、滑りはかなりよくなります!

 

ボナンザの方が一般的?なので、今回はボナンザでやってみました。

シリコンスプレーはホームセンターでも手に入るかと思います。

 

フェルールワックス

f:id:djrkmrym:20190425100831j:plain

ロッドの固着なんかを防いでくれる「ロッドフェルールワックス」

 

シャフトの継ぎ目に塗ることによってシャフトの固着を防いでくれます。

これは別にしなくてもいいかもしれませんが、自分はいつも固着防止のために塗っています。

ロッドの固着も防いでくれるので、持ってて損はないアイテムですね。

 

布きれかキッチンペーパー

f:id:djrkmrym:20190425102733j:plain

ボナンザを塗ったり、乾拭きするのに使います。自分はキッチンペーパーを使いました。 

 

 

 

メンテナンス方法

①シャフトをキレイに洗って乾燥させる

これは絶対ですね!シャフトを分解してきれいに洗い汚れをとります。

f:id:djrkmrym:20190425101724j:plain

シャフト下部の栓を回して取ると分解できるので、きれいに洗って乾燥させましょう!

 

水よりもぬるま湯で洗ってあげると、固着している塩もとれやすいです。

 

②ボナンザを塗って乾拭き

f:id:djrkmrym:20190425102527j:plain

ボナンザをキッチンペーパーに適量出して塗っていきます。

 

f:id:djrkmrym:20190425094259j:plain

f:id:djrkmrym:20190425105029j:plain

シャフト表面全体に塗っていくのですが、継ぎ目の部分には塗らないように注意してください。

 

f:id:djrkmrym:20190425102905j:plain

塗った後はキッチンペーパーで乾拭きしていきます。

 

拭いていると塗る前よりシャフトがツルツルで滑りがよくなったのを実感できると思います。

 

注意点

・塗りすぎたり、塗ってベタベタのまま放置するのは逆効果です。しっかり乾拭きしてあげましょう。

 

③継ぎ目にフェルールワックスを塗る

f:id:djrkmrym:20190425110142j:plain

伸ばしきった状態で固まって戻らない!というような固着防止のため、継ぎ目にフェルールワックスを塗ります。

 

塗りすぎると、逆に振り出しにくくなるので薄く塗っていくのですが・・・

f:id:djrkmrym:20190425110345j:plain

薄く塗るのは結構難しいです。

 

f:id:djrkmrym:20190425110631j:plain

これまたキッチンペーパーを使ってできるだけ薄く伸ばしました。

 

注意点

・塗りすぎに注意!極薄に伸ばすぐらいがちょうどいいです。

塗りすぎると、シャフトの伸縮時にシャフトにも付着するので、振り出しにくくなり逆効果になります。

 

④シャフトを組み立てて完成

f:id:djrkmrym:20190425111123j:plain

f:id:djrkmrym:20190425111213j:plain

狭い部屋の中ですが、滑りがよくなったのを実感できました。

 

今回ボナンザ初使用でしたが、シリコンスプレー同様、かなり滑りがよくなりました。

 

次回は、シャフトを2本使って、ボナンザとシリコンスプレーで検証してみたいですね。

 

 

 

まとめ

メンテナンスはこまめにしましょう 

ランディングシャフトってスルスル伸びないと結構ストレスになりますし、いざ魚を掬おうとしたときにしっかり伸びてくれないとバラシにつながってしまいます。

 

メンテナンスは簡単にできるので、せっかくかけた魚をバラさないためにも、日頃から手入れしておきましょう。

 

ランディングツールの選び方なんかについても書いてます。

 

最後に使った道具まとめておきます。

 

ボナンザ

 

シリコンスプレー

 

フェルールワックス