セットアッパー125S-DR 青物狙いのフックセッティング

f:id:djrkmrym:20191224100800j:plain

 

ダイワ セットアッパー125S-DRで青物など大物狙いの時のおすすめのフックセッティングについて。

 

セットアッパーはもう説明不要のめちゃくちゃ釣れるルアーなのですが、シーバスはもちろんのこと、青物もめちゃくちゃよく釣れます。

 

1番使いやすく使用頻度が高いのは「125S-DR」かと思いますが、純正フックがST-46「#6」の3フックで、大型の青物を狙うには少し頼りないのです。

f:id:djrkmrym:20191224090138j:plain

ダイワHPより

 

自分は購入後とりあえず純正フックから刺さりの良いがまかつSPMHに交換しますが、青物狙いの時は3フックからサイズアップして2フックにしているので、紹介したいと思います。

 

 

純正フック+α

 

まずは通常時おすすめのフックセッティングについて。

 

純正フックは「ST-46」がついているのでそのままでも十分使っていただけますが、自分は刺さりの良い「ガマカツSPMH」に交換します。

 

セットアッパー125S-DR純正は「#6」の3フックですが、「#5」や「#4」に交換することもあります。

 

自分の使うルアーは#4か#5がついてるものが多くフックケースには#6より#5が多く入ってるということもあり、「#5」に変えることが1番多いかもしれません。

 

#6でフックが曲がってしまうことが多いという方は、「#5」に交換するのが1番おすすめです。

少し高いですが、やっぱり刺さりの良いガマカツSPMHがおすすめです。

 

#5をつけることが多いですが、#4でも十分良い動きで泳いでくれるので、#4に交換することもあります。

 

大物狙いの2フック仕様

 

青物など大物狙いのおすすめフックセッティングについて。

 

純正は3フックですが、自分は青物など大物狙いの時はがまかつSPMH「#2」の2フック仕様にしています。

f:id:djrkmrym:20181218234802j:plain

真ん中は何もつけずに、前と後ろに「#2」をつけています。

 

f:id:djrkmrym:20191224101632j:plain

この2フック仕様にしていてよかったと思えることは何度もありました。

 

もちろん純正時と泳ぎは少し変わってしまいますが、動かないということもなくしっかり泳いでくれて、全く問題ありません。

 

青物狙い、大物狙いの時には「#2」の2フック仕様、ホントにおすすめです。

 

少しスローに動かしたい時は「#3」の2フック、「#4」の3フックもおすすめです。

 

フックを伸ばされてバレてしまった・・・

 

そんな後悔はしたくないので、フック交換、フックセッティングというのは自分の中ではとても重要視しています。

 

 

おすすめのフック

がまかつSPMH

やはり1番おすすめのフックはがまかつSPMHです。

 

純正でついているST-46より刺さりもよくて強度もあるので、自分はプラグ類はほぼガマカツSPシリーズに交換します。

 

値段は少し高いですが、フック交換を怠り後悔はしたくないので、しっかり交換します。

 

フィーモフック

最近気になって使ってみた「フィーモフック」

 

見た目もがまかつSPMHにそっくりというのが使ってみたきっかけです。

 

全然知らなかったんですが、刺さりもよくて強度もがまかつSPMHとそんなに変わらず、使ってみて良さにびっくりしました。

 

フックは使っていると錆びたり黒くなったりしますが、フィーモフックはがまかつSPMHよりも錆びにくい印象で、黒くなったりするのもかなり遅いです。

 

使い心地もがまかつSPMHと変わらず、そして錆びにくいので、フィーモフックの在庫がある時はこちらを買っています。

#1,#2は8本入り、#3~#10は10本入りとガマカツSPMHより多く入っているというのも嬉しいポイントです。