釣れるルアー!ダイワ セットアッパーの使い方、インプレ、釣れる理由

f:id:djrkmrym:20191221004636j:plain

 

ダイワ ショアラインシャイナーZセットアッパーの使い方について。

 

「セットアッパー本間釣れる!」

 

「セットアッパーマジやばい!」

 

マイワシ等の大型ベイトの回遊が多い神戸周辺ではみんながよく言っていますが、僕も「よく釣れる」そう思います。

 

今回はそんなよく釣れるセットアッパーの使い方や釣れる理由について紹介します。

f:id:djrkmrym:20191221011323j:plain
f:id:djrkmrym:20191221001550j:plain

 

セットアッパーの種類、特徴

 

f:id:djrkmrym:20191221010240p:plain

ダイワHPより

セットアッパーには、「S」「S-DR」「スリム」と3種類ありますが、今回紹介するのは、「S-DR」です。

 

「SLSZ」というのは、ショアラインシャイナーZの略で、正式名称は「ショアラインシャイナーZ セットアッパー」になります。 

 

サイズは、「97S-DR」「125S-DR」「145-DR」と3サイズあります。

f:id:djrkmrym:20191221013101p:plain

f:id:djrkmrym:20191221013131p:plain
f:id:djrkmrym:20191221013142p:plain

97S-DRは2フック、125/145S-DRは3フック仕様となっております。

 

S-DRは、この長いリップのおかげでレンジキープがしっかりでき、足場の高い場所でも足元までしっかりルアーを引くことができます。

 

リップは大きいですが、巻き心地はかなり軽くなっています。

 

セットアッパーS-DRの使い方、釣れる理由

飛距離がすごい

このルアー、とにかく飛距離がすごいんです。

 

キャストするとカチンと重心移動の音がすると同時に、バシューン!と飛んでいきます。70m以上飛びます。

 

初めて投げた人は、この飛距離にびっくりすると思います。

 

リップが大きいので空気抵抗が大きく飛ばさなそうに見えますが、ルアーを後ろから見るとリップはボディにすっぽり隠れているため、空気抵抗が減り飛距離につながります。

 

とにかく飛距離がすごいので、これだけでも魚を広範囲で探せることになります。

 

水深2m前後を引けて、これだけ飛ぶルアーなかなかないですよね。

 

日中のオープンエリアで鉄板をよく投げる人にも使って欲しいルアーです。

 

釣れる千鳥アクション

セットアッパーは投げてただ巻くだけで釣れる!のですが、ただ巻きしていると手元に伝わるルアーの動きって一定じゃないんです。

 

セットアッパーは流れの変化で勝手にイレギュラースライドアクションしてくれるので、その時に軽くなったりする感触が手元に伝わってきます。

 

セットアッパーのこの千鳥アクションこそが、シーバスをよく連れてきてくれる動きなんです。

 

シーバスはもちろんのこと、青物もよく連れてきてくれるルアーです。

f:id:djrkmrym:20181218234802j:plain

 

 

 

使い方まとめ

食わせの間を作る

セットアッパーはただ巻きで十分釣れるルアーです。

 

状況にもよりますが、速巻き2回転→遅巻き1回転など、巻き速度に緩急をつけて食わせの間を作ってあげたりするとバイトが増えることもよくあります。

  

セットアッパー投げてる人だけめっちゃ釣れたとかもよく経験してるので、自分も必ず1本は持ち歩いています。

 

マイワシなどの大きめのベイトの回遊があるところならぜひ持っておいた方がいい一品です。