【ラングラーJL】ナンバー灯LED化、交換方法と注意点

f:id:djrkmrym:20191128083736j:plain

 

ジープラングラーJLのナンバー灯交換方法について。

 

自分の乗っているラングラーJLサハラは、ポジションランプやウインカー、ヘッドライト、バックランプまでLED球が採用されているのですが、ナンバー灯だけLEDが採用されていません。

f:id:djrkmrym:20191128083553j:plain

純正球

どうせならと思いホワイト系のLEDに交換してみましたが、見た目もかっこよくなり、工具いらずで誰にでも簡単にできますので、非常におすすめです。

 

少し注意点もあるので、交換方法と注意点まとめておきます。

必要工具→なし

交換時間→10分

 

ナンバー灯バルブの形状はT10

 

f:id:djrkmrym:20190705021316j:plain

ナンバー灯のバルブの形状は「T10」です。

追記:↑このような光源部分にカバーがついているというか少し大きくなっているものは取り付けの際にしっかりハマらないと教えていただきましたので、上の写真のように光源部分がむき出しになっているタイプの方がよさそうです。

 

交換時の注意点

LEDバルブには、上の写真のようなものだったり、下の写真のように少し長くなっているタイプもあります。

f:id:djrkmrym:20190705021227j:plain

長い方がLED球が多くついており明るくなるのですが、ラングラーJLのナンバー灯は、装着部分の奥行きスペースが狭いため小さいバルブでないと入りません。

 

短いタイプでも十分明るく、なんなら純正球より十分明るいです。

 

購入時、明るそうだからと長くなっているタイプを購入しないように注意が必要です。

 

交換方法

 

さて、交換方法ですが、工具はなにもいらずで10分もあれば交換できます。

f:id:djrkmrym:20191128083631j:plain

ナンバー灯の部分を下から見た図ですが、まず矢印部分の黒いつまみを両側挟んで引っ張りごっそり抜いちゃいます。

 

f:id:djrkmrym:20191128083655j:plain

抜けました

次に、この部分↓

f:id:djrkmrym:20191206103211j:plain

ここが電球部分です。

 

少しひねってあげると電球部分が抜けます。

f:id:djrkmrym:20191128083711j:plain

抜けました

あとは純正バルブを抜き、LEDに交換するだけです。

 

f:id:djrkmrym:20191128083723j:plain

交換後、戻す前に点灯確認します。

 

もし点灯しなければ、+-が反対なので、反対に差し込むと点灯します。

 

点灯確認すれば、後は戻すだけです。

 

装着後写真

ビフォー

f:id:djrkmrym:20191128083553j:plain
f:id:djrkmrym:20191128083608j:plain



アフター

f:id:djrkmrym:20191128083827j:plain

f:id:djrkmrym:20191128083805j:plain

高級感がでて、いい感じになりました。

 

これだけでもだいぶ印象も変わりますし、誰でも簡単にできるので、めっちゃおすすめです。

 

大きめだと入らないので、当記事でも使っている小さめのタイプがおすすめです。

 

・人気記事