【ラングラーJL】ラゲッドリッジドアエントリーガード取り付け方法と装着レビュー

f:id:djrkmrym:20191217154149j:plain

 

ラングラーJL、ラゲッドリッジ(Rugged Ridge)ドアエントリーガード取り付け方法と、装着後の感想について。

 

ドアエントリーガードは、納車前に購入して、納車後すぐに取り付けました。

 

乗り降りの時にどうしても踏んでしまう部分ではあるので、すぐに取り付けしてホントによかったです。

f:id:djrkmrym:20191217154730j:plain

ヘリの部分までしっかりガードしてくれるラゲッドリッジのドアエントリーガード、めっちゃおすすめです!

 

取り付け方法や、純正オプションと比べてこの商品を買って良かった理由など書いていきます。

 

 

Rugged Ridge ドアエントリーガード付属品

 

購入したのはこちら、ラゲッドリッジのドアエントリーガードです。

自分はAmazonで購入しました。

 

しっかりとした専用の箱に入って送られてきました。

f:id:djrkmrym:20191217154440j:plain

 

入っている物はこんな感じです。

f:id:djrkmrym:20191217154500j:plain

f:id:djrkmrym:20191217154515j:plain

英語の説明書は自分には理解できません・・・笑。

 

f:id:djrkmrym:20191217154533j:plain
f:id:djrkmrym:20191217154622j:plain

f:id:djrkmrym:20191217154642j:plain

f:id:djrkmrym:20191217154559j:plain

裏には両面テープが貼ってあり、商品自体は結構がっちりしていて頼りがいがある感じです。

 

Rugged Ridgeのロゴもめちゃくちゃかっこいいです。

 

 

取り付け方法

 

取り付けは両面テープを剥がしてつけるだけ!ですが、両面テープがしっかり粘着するように、取り付け前にボディ側をしっかりきれいに脱脂しておくことをおすすめします。

f:id:djrkmrym:20191217154051j:plain

脱脂シートは、ホームセンターや車用品店でも手に入ると思います。

 

さて、脱脂したら取り付けていくわけですが、裏に右か左か記載されているので、しっかり確認してつけていきます。

f:id:djrkmrym:20191217154221j:plain

 

運転席助手席用は位置を合わせる場所があるので、位置決めしやすくなっています。

f:id:djrkmrym:20191217154029j:plain

f:id:djrkmrym:20191217154105j:plain
f:id:djrkmrym:20191217154130j:plain

一応両面テープを剥がす前に仮置きして、マスキングテープで位置を決めてから貼り付けしました。

 

後部座席用は少し短くて取り付ける場所に少し困りましたが、左右に動かしているとしっかりとハマってくれる場所がありました。

f:id:djrkmrym:20191217154237j:plain

f:id:djrkmrym:20191217154258j:plain

だいたい写真の位置がぴったり納まります。

 

装着後

ビフォー

f:id:djrkmrym:20191217153947j:plain

このように塗装されたところがむき出しです。

 

アフター

f:id:djrkmrym:20191217154149j:plain

運転席

f:id:djrkmrym:20191217154418j:plain

助手席

f:id:djrkmrym:20191217154237j:plain

後部座席運転席側

f:id:djrkmrym:20191217154347j:plain

後部座席助手席側

f:id:djrkmrym:20191217154327j:plain

そしてやはりこのロゴが超かっこいいです。笑

 

 

 

ラゲッドリッジを買った理由

純正オプション品と比較

ドアエントリーガードは、探してみるといろいろなメーカーから販売されていて、なんなら純正オプションもあります。

f:id:djrkmrym:20191218102821j:plain

純正オプション

ラングラー購入時オプションを選ぶ際に、どうですか?と言われたのですが、他社製を買いますと言いました。

 

ラゲッドリッジを知らなければ純正オプションでつけていたかもしれません。

 

ラゲッドリッジを購入した理由は、ガードされている部分が広範囲だからです。

f:id:djrkmrym:20191217154730j:plain
f:id:djrkmrym:20191217154704j:plain
f:id:djrkmrym:20191217154843j:plain
f:id:djrkmrym:20191217154827j:plain

 

大人はそう踏むことはないかもしれませんが、ラングラーは小さい子どもにとって乗り降りすること自体大変で、その時の体勢で踏む場所は変わりますが、やはり高確率でドアエントリーガード部分を踏んで乗り降りします。 

 

f:id:djrkmrym:20191217154745j:plain

 

1番踏んでいるのはガードのメイン部分よりも室内の樹脂の部分なんですけどね。

f:id:djrkmrym:20191218103505j:plain

ガードのメイン部分より高確率で赤枠内を踏みます。

 

ラゲッドリッジのドアエントリーガードの良い所はここなんです。

f:id:djrkmrym:20191218113618j:plain

純正オプション品は赤枠のヘリ部分までガードされていませんが、ラゲッドリッジ製はヘリ部分までしっかりガードされています。

 

 

室内の樹脂部分は拭けばいいものの、この塗装面がガードされていないと意味ないので、ヘリ部分までしっかりガードされているラゲッドリッジ製を選びました。

 

大人はそんなに踏まないかもしれませんが、子どもたちは乗り降りする度に必ず踏みます。

 

ラゲッドリッジのドアエントリーガード、いい仕事してくれてます!