Gクラフト ミッドナイトジェッティ MJB-872-TR 新製品発表!

f:id:djrkmrym:20200108090654j:plain

 

2020年1月、新製品ミッドナイトジェッティ「MJB-872-TR」が発表されました!

 

ミッドナイトジェッティMJS-872-TRのベイトロッドです。

 

2020年5月発売予定とのことです。

 

 

スペック

・定価:59,400円(税込)

・全長:8.7f

・継数:2本

・自重:134g

・ラインMAX/BEST:PE1.2/1.0

・ルアーMAX:28g

・ルアーBEST:ミノー17g/バイブレーション15g

f:id:djrkmrym:20200108090714j:plain

【初代872、DRIFT「ベイト」スペシャル】

二代目JETTY87湾岸ドリフトスペシャルがベイトモデル新規ブランクス設計にて完成。マンドレルはスピニングと共有しているが、ブランクスの「曲がる位置」を完全にベイト専用にしている。厳密にはティップ先端付近はベイトの方が硬く、バットは曲がる位置を下げている。つまり、シャキシャキの胴調子。胴調子だけ書くと「ん?ダルいのか?」と思うかもしれないが、それは違う。何せ、ティップには40t、バットには46tが鎮座している。柔らかいはずがない。要は、バットがパンパンだとキャスティングが全然楽しくない為、ベストルアーウエイトの18gミノーをフルキャストすると、硬めに設定したティップが、即座にバットへ移行し、しっかり曲がり、反発するように設計している。ルアー・ライン・ロッド・リール・ノブ、これらが連れてくる感度は情報の全てが「手の中」にあるベイトは、スピニングとは別世界の操作性を体感できる。慣れてしまえば、レバーブレーキ以上の操作が可能なベイトは、バラシなど皆無に等しい。

 

セブンセンスPEシリーズではジェッティのベイトモデルは販売しなかった。それは、先調子故にキャストが難しく、当時のリールでは使い手を極端に選ぶ為だったが、近年のPE専用ベイトリールの登場により、格段にキャストがし易くなり、バックラッシュの心配はほぼ皆無と言っていい。是非、この「先調子パンパンベイト」のキャスティング感を体験して頂きたい。

 

<テスト概要>

港湾・湾奥・運河・干潟・小規模ゴロタサーフ等で極小アタリをフッキングできる操作性を重視、中型ミノー中型シンペンによるサヨリパターン、中・小型バイブ・シンペンによるハクパターン、中・小型シンペンによるバチパターン、4~7gのジグヘッドワームによるデイゲームにてテスト。3.7gシンペン~17gバイブ等で一瞬のアタリをフッキングできるティップと中・小型鱸のバラシ防ぎ、ランカークラスをストラクチャーから引き剥がせ、余裕を持ってコントロールできるバット設計。

 

 

<テスト使用リール>

ナイト用:12エクスセンスDC+PE1.2号+リーダー17.5lb(1.5m)

 

ナイト用:14モアザンPESV+PE1.2号+リーダー19.5lb(1.5m)

 

デイ用:17エクスセンスDC+PE1.0号+リーダー17.5lb(1.5m)

 

デイ用:18アンタレスDCMDXG+PE1.0号+リーダー19.5lb(1.5m)

 

ノットに関しては、リーダーに結び目を作らない摩擦系ノットにて結束してください。尚、リーダー長は1.5mから1.0mまでがトラブルも少なく使用できます。リーダーの結束部はトップガイドの外側に出したキャストを推奨します。ロングリーダーはお勧めできません。

 

 

<テスト使用ルアー>

コンセプト上、使用頻度が高く、好釣果を得たルアーまたは快適に扱えるルアーを代表的に抜粋しています。

 

・ハルカ125F、レスポンダー129F、クロスウェイク75F/90F、バーティス120F、ハイスタンダード120F

 

・マニック95/115/135、ワンダースリム90リーチ、シェリー95F/95SS/125F/125SS、フィール120/150、マリブ78/92、スイッチヒッター75S/85S

 

・バリッド70H、レンジバイブ70ES/80ES、ディブル55TG/65/65TG/80、IP-18、VJ-16、PB-20、シリテンバイブ73、キックビート55/70

 

 

2020年5月発売予定です。