【スマートキッズベルト】メリットとデメリット。5歳と3歳で使用してみた

f:id:djrkmrym:20190617095239j:plain

 

今、何かと話題のスマートキッズベルト

 

スマートキッズベルトとは?

ポーランドで開発され、EUやUS基準の厳しいクラッシュテストを経て安全認証を取得し、国内でもEマーク適合と認められた、世界で唯一の「携帯型子供用シートベルト」

警察庁交通局より、道路交通法の定める「幼児補助装置」への適合製品として、日本国内での使用を許可されております。

(メテオ社HPより)

 

 

子どもはチャイルドシート着用が義務づけられていますが、このベルトを正しく装着して使用するならチャイルドシートはいりませんよ、という国が認めたベルトですね。

 

普段うちは2人ともジュニアシートを使用していますが、あちこち車を乗り換えることも多いので、持っておいてもいいかな~と思い、4980円(税抜)とそこまで高くもないので1つ買ってみました。

 

確かに便利で良かったですが、普段チャイルドシートやジュニアシート代わりにずっと使うのはどうかな~と思ったりする部分もありました。

 

スマートキッズベルト

中身・付属品

f:id:djrkmrym:20190617095239j:plain

f:id:djrkmrym:20190617103622j:plain

入ってるものはシンプルにこれだけです。持ち運び用の袋なんかもついてたら嬉しかったかも。

 

仕様・特徴など

・適用体重:15~36kg

・適用年齢:3~12歳

・重量:約120g

f:id:djrkmrym:20190617104345j:plain

ベルトの両端にそれぞれクリップがついていて、そのクリップをシートベルトに装着するだけ、という非常にシンプルなベルトです。

このクリップですが、結構かたいです。大人は普通に開けれますが、開けるのに結構力がいて、5歳の娘でもかなり力を入れて「うぅぅーーー」と言いながらなんとか開けていました。

運転している際に勝手に外してしまうなんてことは簡単にはできなさそうです。最初はやたらかたいなーと思いましたが、そういうところもよく考えられているのではないでしょうか。

 

f:id:djrkmrym:20190617104509j:plain

スマートキッズベルトはかなりコンパクトで、くるくるっとまとめるとこんなにも小さくなります。

 

f:id:djrkmrym:20190617110526j:plain

iphone7plusと

120gと軽くかなり小さいので、車に保管しておいても全く邪魔になりません。

持ち運びも便利なので、旅行に持って行ったり、レンタカーやタクシーでも使用できますね。

 

取り付け方法

取り付けは簡単

f:id:djrkmrym:20190617130706j:plain

メテオ社HPより

f:id:djrkmrym:20190617120647j:plain

クリップ取り付けも簡単

f:id:djrkmrym:20190617120918j:plain

長さの調節も簡単

シートベルトをして、下部のクリップをとめ、スマートキッズベルトの長さを調節、そして最後に上部のクリップをとめる。すぐにできかなり簡単です。

 

公式の動画を見てもらうのが1番手っ取り早いです。


【SKB】スマートキッズベルト 1分版

 

スマートキッズベルトの裏にも装着方法が記載されているので、実際装着する時に確認しながら装着することもできます。

 

スマートキッズベルトは単体で 

 

ジュニアシートの背もたれをとって、シートに座らせてこのスマートキッズベルトを使おうかなとも考えていましたが、スマートキッズベルト使用の際はスマートキッズベルト単体で使用してくださいとのことです。

 

使ってみた感想

 

f:id:djrkmrym:20190617120021j:plain

シートベルトだけを装着した状態

f:id:djrkmrym:20190617114217j:plain

5歳半、110cm,20kg

実際装着するとこんな感じです。

 

シートベルトだけだと首のあたりにシートベルトがくるため邪魔になったり、ベルトが肩にあたらず全然役割を果たしてませんが、スマートキッズベルトを使用することによってしっかり肩の位置まで下がり、しっかり固定されるので安全性もばっちりです。

 

初めて使うベルトに違和感というか不思議さを感じていますが、特に苦しいとか嫌がったりなどもありません。

スマートキッズベルトを使うことによって大人と同じような感じで固定されるようになるので、普段自分がシートベルトをしているのと同じ感覚かと思います。

親からしても、しっかりと固定されているので安心できます。

走行中も、特に不具合があったり、嫌がったりすることはありませんでした。

 

デメリット

ジュニアシートでは少し高さがあったので、走行中は外の景色を見ることができていましたが、「外が見えない!」ようになりました。全く見えないわけではないですが、やはり高さがない分見えにくくなってしまったようです。

「ここ前通ったー!」「電車ー!」「海ー!」「山ー!」などなど、やはり走行中はいろいろ見ているようで、外が見えにくいというのは少し楽しさがなくなるのかなと思います。

 

ジュニアシートでは後ろ、そして左右にも少し背もたれがあるため、寝るときにもたれかかるところがありました。

f:id:djrkmrym:20190617142932j:plain

f:id:djrkmrym:20190617142946j:plain

子どもは寝る時にどうしても左右にもたれかかることが多いので、寝る時にはかなりしんどそうでした。遠出する時なんかはやはりしっかり寝れるジュニアシートの方が安心ですね。

 

まとめ。あるとめっちゃ便利!

 

メリット

・チャイルドシートに比べ安い

・車内が広々と使える

・装着が簡単

・小さく軽いので持ち運びが楽

 

デメリット

・車外が見にくくなる(子ども目線)

・もたれかかるところがないので寝にくい

・発売後で品薄

 

使ってみて車内を広々と使えるし、かなり便利だなと思いましたが、うちの子は外を見るのが好きなので、まだまだジュニアシートに座らせようかと思います。

ただ実家に帰って違う車に乗ったり、友達の車で遊びに行くことも多いので、そんな時には活躍してくれること間違いなしです。

 

5人家族で5人乗りの車に乗っていて狭いので乗り換えようと思っている方や、「もっともっと車内を広く使いたい」と思う方などにはめっちゃおすすめのアイテムですね。