α7Ⅲ×MC-11×SIGMA100-400mmライトバズーカでプロ野球撮影

f:id:djrkmrym:20190608011619j:plain

α7Ⅲ×MC-11×SIGMA100-400mmでプロ野球の試合を撮ってみました。

2019年2軍の教育リーグ「阪神タイガース×中日ドラゴンズ」の試合になります。

f:id:djrkmrym:20190604003143j:plain

撮影位置は1塁側ベンチ上4列目付近で、フェンス越しの撮影となります。

 

α7Ⅲ×MC-11×SIGMA100-400mmで使えるフォーカスエリアやモード、連写なんかはこちらに詳しく書いてあります。

 

 

撮影時の設定

 

フェンス越し、そしてポールなどピントが持っていかれそうな障害物がいくつかありましたので、手前のフェンスやポールにピントが合わないようにフォーカスリミッタースイッチを「6m-∞」にして撮影しました。

f:id:djrkmrym:20190221232222j:plain

上から2つ目のスイッチを「6m-∞」に。

フォーカスエリアは「ゾーン」、ほとんどを連写Hi+で撮影しました。

 

軽いおかげでテンポよく撮影できる

 

「ライトバズーカ」の名前の通りなかなか軽いので、疲れることなくテンポよく撮影することができました。

f:id:djrkmrym:20190608153607j:plain

f:id:djrkmrym:20190608153619j:plain

英智コーチ

純正レンズと同じ速さで顔に素早くピントがあってくれます。

 

f:id:djrkmrym:20190608154846j:plain

f:id:djrkmrym:20190608154902j:plain

白井主審,平田監督,小笠原監督


f:id:djrkmrym:20190608153733j:plain

f:id:djrkmrym:20190608153756j:plain

f:id:djrkmrym:20190608153820j:plain

高山選手

外野を撮ると400mmではこれぐらいの距離感になりますね。

 

f:id:djrkmrym:20190608153933j:plain

f:id:djrkmrym:20190608154026j:plain

f:id:djrkmrym:20190608154044j:plain

小幡選手

f:id:djrkmrym:20190608155047j:plain

集まる若虎達

f:id:djrkmrym:20190608155130j:plain

荒木コーチ

f:id:djrkmrym:20190608155322j:plain

f:id:djrkmrym:20190608155518j:plain

f:id:djrkmrym:20190608155528j:plain

岩田投手

f:id:djrkmrym:20190608155557j:plain

白井主審

f:id:djrkmrym:20190608155748j:plain

島田選手

f:id:djrkmrym:20190608155856j:plain

f:id:djrkmrym:20190608155934j:plain

俊介選手

f:id:djrkmrym:20190608160018j:plain

島田選手

エンドラン失敗かと思ったけど、結果、盗塁成功。

 

f:id:djrkmrym:20190608160132j:plain

f:id:djrkmrym:20190608160150j:plain

高山選手

f:id:djrkmrym:20190608160222j:plain

板山選手

f:id:djrkmrym:20190608160340j:plain

藤谷選手

f:id:djrkmrym:20190608160609j:plain

植田選手

 

 

 

連写Hi+もばっちり

f:id:djrkmrym:20190608160644j:plain

f:id:djrkmrym:20190608160701j:plain

f:id:djrkmrym:20190608160728j:plain

f:id:djrkmrym:20190608160753j:plain

f:id:djrkmrym:20190608160811j:plain

f:id:djrkmrym:20190608160835j:plain

f:id:djrkmrym:20190608160952j:plain

f:id:djrkmrym:20190608161016j:plain

f:id:djrkmrym:20190608161052j:plain

f:id:djrkmrym:20190608161135j:plain

f:id:djrkmrym:20190608161149j:plain

f:id:djrkmrym:20190608161325j:plain

植田選手

 

コスパ最強の軽量望遠レンズ

 

MC-11とライトバズーカを組み合わせても比較的軽量なので、あまり疲れることなくテンポよく撮影することができました。AFも速く連写も十分に使えるので、スポーツ撮影もいい感じに使用できます。

100-400mmの焦点距離なら内野は十分に撮れますが、外野までとなるとやはり150-600mmがあった方が有利ですね。

ただ、重量を考えるとSIGMA100-400mmライトバズーカは振り回しやすいので、やはりとても扱いやすい良いレンズですね。

 

α7Ⅲ×MC-11×SIGMA100-400mmで使えるフォーカスエリアやモード、連写なんかはこちらに詳しく書いてあります。

 

同じ日にα6400でも撮影しています

 

望遠レンズをつけるとバランスも悪くなるのでL型プレートもおすすめです

 

SIGMA100-400mmレビュー記事はこちら

 

100-400mmよりも70-300mmならSEL70300Gがおすすめです

 

Eマウントでおすすめの望遠レンズまとめてます

 

α6400のレビュー書いてます