【SEL70300G 作例レビュー】α7Ⅲ,α6500,α6400におすすめ!運動会で使えるお手頃な望遠レンズ!

f:id:djrkmrym:20190320020824j:plain

何かとお気に入りで使っている【SEL70300G】

オートフォーカスも速く運動会やスポーツ撮影にも使えて、意外とコンパクトでショルダーバッグにもすっぽり入ったり、結構寄れたり、何かと使い勝手の良いレンズなんですよね。

 

 

FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G

 

スペック

・定価:170,000円

・発売日:2016年4月28日

・焦点距離:70-300mm

・開放F値:F4.5-5.6

・最大径×長さ:84.0mm×143.5mm

・重量:854g

・フィルター径:72mm

・最短撮影距離:0.9m

・最大撮影倍率:0.31倍

・絞り羽根枚数:9枚

・レンズ構成:13群16枚

・手ブレ補正:あり

α用Eマウントレンズで、初めて300mmの望遠域までカバーする望遠レンズとして発売されましたね。発売当初は「高っ!」という印象しかなかったですが、今はだいぶ値段も下がり買いやすくなったんじゃないかと思います。

今でもEマウントレンズで300mmまでカバーするレンズは少ないので、望遠レンズを探してる方は第一候補にあがるレンズなのではないでしょうか。

 

特徴・良いところ

70-300mmという広いズーム域

中望遠70mmから望遠300mmまでとズーム域が広いので、普段でも意外と使いやすい1本です。

望遠端ではかなり寄れて大きく写せる

最短撮影距離は0.9mとなっていて、望遠側ではかなり寄れるレンズになります。

f:id:djrkmrym:20190322100605j:plain

このレンズで料理を撮ったりすることはあまりないとは思いますが、これぐらい寄れてしまうので花を大きく撮ったりすることもできます。

AFも速く運動会におすすめのレンズ

オートフォーカスも速いので運動会にもぴったりなレンズですね。自分も幼稚園の運動会ではこのレンズを使用しています。小・中学生にもなると100-400mmがほしくなりますが・・・。

f:id:djrkmrym:20190322101226j:plain

f:id:djrkmrym:20190320163754j:plain

AFの速いα9,α7Ⅲ,α6500,α6400なんかと組み合わせるとこのレンズの性能をより発揮できるかと思います。

 

外観・フィルター

f:id:djrkmrym:20190322101940j:plain

f:id:djrkmrym:20190322102028j:plain

f:id:djrkmrym:20190322102045j:plain

フィルターは72mmになります。

 

α7Ⅲ,α6400に装着してみた

f:id:djrkmrym:20190322104809j:plain

f:id:djrkmrym:20190322104815j:plain

α7Ⅲにつけるとこんな感じですが、まぁ小さくはないですが、かなり大きいといったわけでもなくバランスは結構いい感じだと思います。

重量は、α7Ⅲ(650g)+SEL70300G(854g)=1504gになります。

 

f:id:djrkmrym:20190322104732j:plain

f:id:djrkmrym:20190322105226j:plain

α6400では、やはり少しバランスが悪くなりますが、α6400の高速AFとの相性は抜群です。

重量は、α6400(403g)+SEL70300G(854g)=1257gになります。

 

α6000シリーズにはこんなアイテムもおすすめです。

 

 

 

SEL70300G作例

 

自分はこのレンズは運動会などのスポーツ撮影だったり、公園で遊んでいる子どもを撮ったり、たまに鳥を撮ったりするのに使ったりしています。

f:id:djrkmrym:20190322112247j:plain

f:id:djrkmrym:20190322111126j:plain

f:id:djrkmrym:20190322111228j:plain

普段望遠レンズを使うメリットは、子どもたちにカメラを意識させず自然に写真を撮れることでしょうか。自分は普通に遊んでいる写真を自然に撮りたいと思ってるので、普段から望遠レンズを持ち出すことは多かったりします。

まぁもう今では撮られ慣れてしまったのか、逆に撮ってくれと言わんばかりの表情をしてくれますけどね。笑

 

f:id:djrkmrym:20190322111752j:plain

f:id:djrkmrym:20190322111819j:plain

こんなダイナミックなカッコイイ絵を撮れるのも望遠レンズならではですね。近づけない場面だったり、大きく切り取りたいなど、望遠レンズしかできないことはたくさんあります。

 

f:id:djrkmrym:20190416131026j:plain

f:id:djrkmrym:20190416131037j:plain
f:id:djrkmrym:20190322112407j:plain

f:id:djrkmrym:20190322112438j:plain

f:id:djrkmrym:20190322112509j:plain

風景はやはり広角で撮ることが多いかもしれませんが、望遠で切り取るというのも結構新鮮で楽しかったりします。

 

f:id:djrkmrym:20190322112955j:plain

f:id:djrkmrym:20190322113014j:plain

f:id:djrkmrym:20190322113209j:plain

f:id:djrkmrym:20190322112753j:plain

f:id:djrkmrym:20190322114706j:plain

f:id:djrkmrym:20190322114832j:plain

オートフォーカスも速いので、スポーツ撮影や動きものの撮影にもちょうどいいレンズです。意外とコンパクトなので小さいカバンに忍び込ませておくこともできますよ。

 

 

 

ぜひ初めての望遠レンズに!

 

α用Eマウント望遠レンズですが、SEL70200G、SEL70300G、SEL70200GM、SEL100400GMとやはり全て高級なのでかなり悩ましいと思います。

お手頃なのはSEL70200GかSEL70300Gですが、どちらにするかもまた悩ましいところですよね。SEL70200G,SEL70300Gの比較の記事もまた書きたいと思いますが、この2本はどちらも使いやすいので、初めての望遠レンズにはぜひおすすめですね!

 

 

SEL70300Gでバードショー撮ってます