Gクラフト ミッドナイトジェッティ MJS-782-TR 新製品発表!

f:id:djrkmrym:20200108090609j:plain

 

2020年1月、新製品ミッドナイトジェッティ「MJS-782-TR」が発表されました!

 

2020年5月発売予定とのことです。

 

久しぶりのショートロッドですね!前々から噂はされていましたがようやくの登場です。

 

 

スペック

・定価:57,200円(税込)

・全長:7.8f

・継数:2本

・自重:123g

・ラインMAX/BEST:PE1.2/1.0

・ルアーMAX:28g

・ルアーBEST:ミノー17g/バイブレーション15g

f:id:djrkmrym:20200108090622j:plain

【初代782 湾岸「PIN-SHOT」スペシャル】

初代782 湾岸「PIN-SHOT Special」がTRシリーズの例に漏れず、ティップ30t+40t、バット30t+40t+46tを織り交ぜ完成。初代SEVEN-SENSEには752と7112もレングス設定は存在したが、782のレングスはSEVEN-SENSE初となる。現時点でアクションとしてはTRシリーズ中、ミディアムライト系ショートロッドとして最も「キンキンの超反発系ブランクス」となっている。コンセプトネームにもある「PIN-SHOT Special」の由来はここにある。湾奥独特の入り組んだ運河や小河川域、ベタ足場や艀の際などをアンダーハンドやバックハンドでビシビシとテンポよくキャストが可能なブランクスに設計。テーパーはティップ先端のみが繊細に可動するセミファーストで毎日入れ替わり立ち替わり攻め続けられたポイント特有の微細なあたりをショートロッド最大の利点を活かした瞬間的スピードフッキングを可能とし、ジェッティー87同様、アベレージ50cmクラスのバラシを軽減させ、80cmオーバーのランカークラスに余裕を持って対処できるバットパワーは普通に搭載済みである。3.7gシンペンから17gバイブの「どピンのキャスト」を最も得意とするこの初代782TRでスレきった港湾鱸を是非、攻略して頂きたい。

 

<テスト概要>

港湾・湾奥・運河・干潟・小規模ゴロタサーフ等で極小アタリをフッキングできる操作性を重視、中型ミノー中型シンペンに夜サヨリパターン、中・小型バイブ・シンペンによるハクパターン、中・小型シンペンによるバチパターン、4〜7gのジグヘッドワームによるデイゲームにてテスト。3.7gシンペン〜17gバイブ等で一瞬のアタリをフッキングできるティップと中・小型鱸のバラシ防ぎ、ランカークラスをストラクチャーから引き剥がせ、余裕を持ってコントロールできるバット設計。

 

<テスト使用リール>

・バチ、デイ用:14ステラC3000HG+PE0.8号+リーダー15lb

 

・ハク用:18イグジストLT2500+PE1.0号+リーダー17.5lb

 

・サヨリ用:18ステラC3000HG+PE1.0号+リーダー19.5lb

 

リーダーは25lbまでテストしておりますが、ノットに関してはリーダーに結びコブを作らない摩擦系ノットにて結束してください。尚、リーダー長は1.5mから1.0mまでがトラブルもなく使用できます。リーダーの結束部はトップガイドの外側に出したキャストを推奨します。ロングリーダーはお勧めできません。

 

<テスト使用ルアー>

コンセプト上、使用頻度が高く、好釣果を得たルアーまたは快適に扱えるルアーを代表的に抜粋しています。

 

・ハルカ125F、ザブラシステムミノー123Fタイダル、シャローウォッシュ110F、ラブラ90S、デビルフラッター77S、シェリー125F/125S

 

・マニック75/95/115/135、ワンダースリム70/90リーチ、ワンダー60/80、ストリームドライブ45/85、フィール100/120、マリブ68/78、スイッチヒッター65S/85S

 

・バリッド70/70H、レンジバイブ70ES/80ES、ディブル55/55TG/65/65TG、シリテンバイブ73、キックビート55/70、VJ-16

 

 

2020年5月発売予定です。