【ラングラーJL】ラゲッジスペースのソケットをACC連動にする方法 工具いらずでめっちゃ簡単

f:id:djrkmrym:20211213132519j:plain

 

ラングラーJLのラゲッジスペースにはシガーソケットがついているのですが、常時電源なんですよね。

 

つまり、エンジンが消えてる状態でも通電しているので、なにかつけっぱなしにしているとバッテリーが上がったりという問題がでてきます。

 

ボンネットを開けてちょっと細工をするだけで、室内にあるシガーソケットと同じACC連動の状態になるのですが、

 

工具いらずで誰でも簡単にできるので、これめっちゃおすすめです。

 

 

 

ボンネット開けてヒューズボックスを少しいじるだけ

 

誰でも簡単にできるって書いたんですけど、ホントに誰でもできるくらい簡単です。

 

まずはボンネットを開けます。

f:id:djrkmrym:20211213132202j:plain

f:id:djrkmrym:20211213132216j:plain

ここのヒューズボックスをいじっていきます。

 

f:id:djrkmrym:20211213132234j:plain

ここのつまみを押せばフタがあきます。

 

蓋の裏にはヒューズボックス内の番号が書いてありますが、

f:id:djrkmrym:20211213132249j:plain

f:id:djrkmrym:20211213132301j:plain

f:id:djrkmrym:20211213132319j:plain

f:id:djrkmrym:20211213132331j:plain

今回いじるのは赤矢印の「F43」の黄色いヒューズですが、

 

F43からF45にヒューズを差し換えるだけ!です。

 

F45はF43の1つ左隣なので、左に1つずらすだけです。

 

ヒューズは手で引っ張っても引き抜くことができますが、

f:id:djrkmrym:20211213132401j:plain

f:id:djrkmrym:20211213132412j:plain

ここについてるヒューズクリップを使うと簡単に引き抜くことができます。

 

F43のヒューズをクリップでつまみ、

f:id:djrkmrym:20211213132344j:plain

f:id:djrkmrym:20211213132423j:plain

f:id:djrkmrym:20211213132433j:plain

はい、引き抜きました。

 

あとは、1つ左にずらしてつけるだけ!です。

 

f:id:djrkmrym:20211213132508j:plain

ここから

f:id:djrkmrym:20211213132519j:plain

ここに

f:id:djrkmrym:20211213132529j:plain

さします

これでOK。

 

クリップなおして、蓋閉めて、ボンネット閉めて、ハイ終了。

 

これで常時電源だったソケットがACC連動になりました。

f:id:djrkmrym:20211213132545j:plain

f:id:djrkmrym:20211213132554j:plain

 

最後に

 

常時電源のラゲッジスペースのシガーソケット、やはりACC連動にしておいた方が個人的には何かと便利です。

 

5分もあればできるので、ぜひ試してみてください。

f:id:djrkmrym:20211213132554j:plain

ちなみに・・・

 

うちのラングラーは冬の間だけ後部座席に後付けシートヒーターをつけていて、

f:id:djrkmrym:20211213132149j:plain

後付けシートヒーター

電源をラゲッジスペースのシガーソケットからとっているので、

 

エンジンオンオフでシートヒーターもオンオフという感じで使っています。

 

これを知る前はめんどくさいですが、毎回抜き差ししていました・・・。

 

ACC連動にしておくと、やはり何かと便利です。

 

 

▼後付けシートヒーター後部座席の子どもたちのためにつけていますが、暖かいと大喜びですし、スポーツは前後に、サハラ/ルビコンは後部座席に、これホント良いですよ。

 

 

・人気記事

 

よく読まれている記事、是非読んでほしいおすすめ記事まとめてみました