【α6400×SELP1650 作例レビュー】パパ,ママカメラマンにおすすめしたい軽量なお散歩レンズ!

f:id:djrkmrym:20190312005806j:plain

 

SONY EマウントAPS-Cカメラ α6000シリーズのキットレンズの定番ともなっている【E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650】

 

キットレンズで値段も安く、写りも十分よく116gと軽くとても小さいレンズで、初心者の方や荷物をできるだけ減らしたいという方にとっては、とてもおすすめのレンズです。

 

α6400につけて写真を撮ってきたので、レビューしたいと思います。

 

 

E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650

スペック

・定価:40,000円

・発売日:2013年2月22日

・焦点距離:16-50mm(35mm換算24-75mm)

・開放F値:F3.5-5.6

・最大径×長さ:64.7mm×29.9mm

・重量:116g

・フィルター径:40.5mm

・最短撮影距離:0.25m

・最大撮影倍率:0.215倍

・絞り羽根枚数:7枚

・レンズ構成:8群9枚

・手ブレ補正:あり

特徴・良いところ

コンパクトで116gと軽い!

f:id:djrkmrym:20190312012032j:plain

手の上に普通にポンと軽く乗ってしまうほどです。

 

パワーズーム搭載

SELP1650はパワーズームが搭載されていて、コンパクトデジカメのようにレバーを動かすことによってズームができる仕組みになっています。普段手動ズームばかり使ってる方には違和感があるかもしれませんが、パワーズームは何かと便利で動画も滑らかに撮影できます。

 

・16-50mmのズーム域

普段使うことが多い16-50mmでズームができます。

f:id:djrkmrym:20200914094728j:plain

16mm

f:id:djrkmrym:20200914094752j:plain

50mm

 

結構寄れる

このレンズ、センサーから約25cmまで寄れるので、撮りたいものを大きく写すことができます。

f:id:djrkmrym:20200914094815j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020408j:plain

結構寄れるので、テーブルフォトなんかでも使いやすいですね。

 

α6400に装着してみる

 

f:id:djrkmrym:20190312005806j:plain

f:id:djrkmrym:20190312013059j:plain

α6400が403gなので、SELP1650をつけると519gになります。

 

500mlのペットボトルと変わらず、めちゃめちゃコンパクトでホントに軽いです。

 

重たくて大きいレンズってやはり写りもいいですが、SELP1650の武器はなんといってもコンパクトで軽いこと!

 

極力荷物を減らしたいパパカメラマン、ママカメラマンにはとっても最適な1本です。

 

ソニーストア

α6400×SELP1650 作例

 

※全てJPEG撮って出しです。

  

f:id:djrkmrym:20190312014658j:plain

バスが通ったので、パッと撮ってみました。軽いので、サッと出してすぐ撮ることができます。

 

コンパクトで軽いカメラって機動性抜群なので、自然とシャッター数も多くなるような気もします。

f:id:djrkmrym:20190312015158j:plain

f:id:djrkmrym:20190312015219j:plain

ここまで寄れることができます。寄れるレンズは何かと楽しいです。

 

F値はそれほど明るくないのでボケを期待するようなレンズではありませんが、撮り方次第では背景をよくボカすこともできます。

f:id:djrkmrym:20190312015440j:plain

軽いので、持ったまま歩いて気軽になんでも撮ることができます。

 

f:id:djrkmrym:20190312020209j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020248j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020302j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020324j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020337j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020419j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020433j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020451j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020515j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020535j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020546j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020602j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020618j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020632j:plain

f:id:djrkmrym:20190312020656j:plain

カメラを持っていても軽いので、歩いていても気軽に撮影することができます。

 

f:id:djrkmrym:20190313115626j:plain

遊びに行くときなんかでも、SELP1650なら気軽に持ち出すことができますし、

 

小さいカバンやショルダーバッグにも入るので、気軽にきれいに思い出を残すのにも最適のレンズです。

 

もう少しだけ貼っておきます。

f:id:djrkmrym:20200619012231j:plain

f:id:djrkmrym:20200619013010j:plain

f:id:djrkmrym:20200619012058j:plain

f:id:djrkmrym:20200619011950j:plain

f:id:djrkmrym:20200625101628j:plain

f:id:djrkmrym:20200625102208j:plain

f:id:djrkmrym:20200501130559j:plain

f:id:djrkmrym:20200301165036j:plain

ソニーストア

α6400×SELP1650で夜景

 

明石海峡大橋ライトアップを撮影してみました。

f:id:djrkmrym:20190312021112j:plain

 

▼16mm

f:id:djrkmrym:20190312021305j:plain

かなり広角で撮れます。

 

▼50mm 

f:id:djrkmrym:20190312021412j:plain

ここまでズームできます。

 

f:id:djrkmrym:20190312021531j:plain

f:id:djrkmrym:20190312021557j:plain

f:id:djrkmrym:20190312021627j:plain

三脚を使って撮りましたが、十分キレイに写すことができます。

 

SELP1650と一緒に買いたいオートレンズキャップ

 

SELP1650を使うならぜひ一緒に使ってもらいたいSELP1650専用「JJC オートレンズキャップ」

 

撮影時に毎回キャップを取り外しするのって結構面倒ですよね。

 

オートレンズキャップをつけると、電源ONでシャッターが開いてくれ、OFFでシャッターが閉まるので、キャップを取り外しすることなく、デジカメ感覚で使用できます。

f:id:djrkmrym:20190312162159j:plain

ちなみにこれがOFFの状態です。

 

電源をONにしてレンズが伸びると・・・

f:id:djrkmrym:20190312162317j:plain

シャッターが開いてくれます。コンデジ並みの便利さでめちゃめちゃ使いやすいですよ!

こちらの記事で詳しく書いてますので、気になったらぜひ見てください!

 

まとめ

α6000シリーズにはまずはSELP1650

SONYのαシリーズの良さって非常にコンパクトなところだと思っています。

 

SELP1650はやっぱり軽いので撮っていても楽ですし、気軽に撮れるので使っていても楽しいです。

 

SELP1650は、α6000シリーズの良さを最大限に引き出す、そんなレンズですね。

 

ソニーストアで見る

カメラのキタムラで見る

 

こちらもぜひ一緒にどうぞ!

 

SELP1650専用オートレンズキャップのレビューはこちら!

 

α6400のレビューやおすすめのレンズも書いてます!