α7Ⅲにα9用のL型プレート(L型ブラケット)を装着!グリップ力UPで小指余りも解決!傷防止にも

f:id:djrkmrym:20190419115713j:plain

小型軽量が特徴のSONYのミラーレスカメラαシリーズですが、ボディが小型すぎるゆえに小指を置くところがなくて少し持ちにくい!そんなことありませんか?

 

小型ゆえにグリップのサイズも小さくグリップ時に小指が余ってしまい小指の置き場所に困るという問題。自分は手はあまり大きくない方ですが、それでもグリップしにくくどうしても不安定になってしまいます。

そんなことからINPONのクイックリリースL型プレートを装着して使っていますが、結構いい感じなのでレビューしたいと思います。 

 

 

【INPON】L型クイックリリースプレート

 

早速ですが、こちらの商品を使っています。

【INPON】L型クイックリリースブラケットα9用

Amazonで購入しましたが、他のL型プレートに比べ比較的安いです。

 

ちなみにα6000系でも【INPON】を使っています

 

付属品

f:id:djrkmrym:20190419142451j:plain

f:id:djrkmrym:20190419142513j:plain

入ってる物はこれだけになります。

 

外観・重量

f:id:djrkmrym:20190419142627j:plain

f:id:djrkmrym:20190419142636j:plain

付属の六角レンチはボディに装着する時と、サイドプレートの取り外しに使用します。ボディの取り付けは10円玉などのコインでも可能です。

 

f:id:djrkmrym:20190419142825j:plain

f:id:djrkmrym:20190419142832j:plain

メーカーの表記も内側に書いてあるだけなので、ボディをつけると見えなくなります。

 

重量はたったの75g(下部53g+サイド22g)

 

α7Ⅲに装着!装着感は良い!

f:id:djrkmrym:20190419144227j:plain

付属の六角レンチを使い、こちらのネジを締めていきます。思い切り強く締めすぎるとボディに食い込んだりして傷がいく可能性があるので注意が必要です。

 

f:id:djrkmrym:20190419144513j:plain

装着前

f:id:djrkmrym:20190419144534j:plain

装着後

f:id:djrkmrym:20190419115713j:plain

装着するとこんな感じになりました。

サイドプレートもつけたまま装着できますが、α9とα7Ⅲではボディ横のアダプタ部分の蓋の形状が違うのでサイドプレートを装着したままだと蓋が開かなくなったりするので、サイドプレートは外しています。

 

L型プレートはアルカスイス互換三脚に縦横取り外し装着がすぐできるようになるというのがメリットですが、自分は三脚はほぼ使わないのでサイドプレートは取り外してボディ下部のみつけて使用しています。

自分の用途としては、ボディ下部の傷防止グリップしやすいように小指がおけるということでしょうか。

 

ではいろんな角度からみていきます。

f:id:djrkmrym:20190419145730j:plain

f:id:djrkmrym:20190419145806j:plain

f:id:djrkmrym:20190419145600j:plain

しっかりと小指をかけれるようになっています。グリップ力はかなり安定するようになりました。

 

 

 

f:id:djrkmrym:20190419145954j:plain

f:id:djrkmrym:20190419145552j:plain

f:id:djrkmrym:20190419150019j:plain

f:id:djrkmrym:20190419145608j:plain

f:id:djrkmrym:20190419145616j:plain

フィット感もめちゃめちゃ良い感じです!

 

f:id:djrkmrym:20190419145620j:plain

f:id:djrkmrym:20190419145624j:plain

ボディ下部もばっちりです。

 

f:id:djrkmrym:20190419150734j:plain

TAMRON 28-75mm A036

レンズをつけるとこんな感じ。

 

f:id:djrkmrym:20190419150833j:plain

SIGMA 100-400mmライトバズーカ

望遠レンズをつけてもしっかりグリップしてくれて安定します。

グリップ力、持ちやすさなんかは、L型プレートをつけるのとつけないのではかなりの差があると思います。

 

装着後の感想・装着してよかったこと

f:id:djrkmrym:20190419144534j:plain

小指がしっかりかかってくれるので安定してグリップができ、格段に持ちやすくなりました。装着することで少しは重くなりますが、しっかりグリップしてくれるので重さは感じません。むしろ持ちやすくなったことで手首の疲れも減りました。

また、カメラをどこかに置く場合でもボディに傷がつくことがないので非常に安心です。そういった意味でも装着する意味はかなりあると思います。

 

 

比較した商品

 

LEOFOTOのL型プレート

α7Ⅲ専用設計とのことですが、なかなかいい値段がするのと、個人的にサイドプレートは使わないのでやめました。

 

koowl製

こちらも専用設計で良さそうと思ったのですが、小指部分が細くなっていて痛いというレビューがあったのでやめました。

 

SmallRig製

少し大きすぎるかな・・・という印象でした。

 

他にもSONY純正のグリップなんかも検討しましたが、大きすぎたり使いにくかったり・・・

 

f:id:djrkmrym:20190419144534j:plain

そんなわけでこちらのL型プレートに落ち着きました。これからも大活躍してもらいます!!

 

「小指掛け専用」プレートが登場したようです

 

α6500,α6400,α6300でも使用しています

 

α7Ⅲアップデート後の変更点や設定方法など書いてます