α6500,α6400,α6300にオススメ!クイックリリースL型プレート(L型ブラケット)で小指あまり解決!α6000にも

f:id:djrkmrym:20190206160347j:plain

現在SONYのAPS-Cフラッグシップモデルのα6500

ボディが小型ゆえに小指を置くところがなくて、少し持ちにくい。

この小指あまり問題、α6000系を使ったことがある人なら1度は感じたことがあるかと思います。自分も片手で撮る時など安定せずに悩まされ続けましたが、L型プレートをつけてからはしっかりグリップできるようになり、片手で持っても安定するようになりました。また、アルカスイス互換プレートですので、アルカスイス規格の雲台と組み合わせれば三脚をよく使う人にもすごくいいアイテムとなります。

 

その小指あまり問題を解決してくれたL型クイックリリースプレートを紹介していきたいと思います。

 

 

【INPON】L型クイックリリースプレート

 

早速ですが買った商品はこちら。

【INPON】のクイックリリースプレート。

Amazonで購入しました、非常に安いです。

 

ちなみにα7ⅢでもINPONのL型プレートをつけています。

 

付属品

f:id:djrkmrym:20190206163858j:plain

入ってるものはシンプルにこれだけです。L型プレート本体と大きさの違う六角レンチ2本。ボディ下ネジ用と、L字になってるサイド用です。

 

外観・重量

f:id:djrkmrym:20190206164540j:plain

f:id:djrkmrym:20190206164554j:plain

f:id:djrkmrym:20190206164557j:plain

外観はこんな感じです。重さは57g。(下部42g+サイド15g)

メーカー名の表記もなく、とてもシンプルです。

α6500に装着!装着感は完璧

f:id:djrkmrym:20190206165106j:plain

付属の六角レンチを使い、こちらのネジを締めていきます。ちなみに10円玉なんかでも締めれるので、六角レンチなしでも取り外し可能です。横のネジ穴は三脚穴になります。光軸上からは少しずれることになりますが、アルカスイス互換プレートですのでアルカスイス雲台での使用をおすすめします。

f:id:djrkmrym:20190206160347j:plain

装着するとこんな感じになりました。

 

では、いろんな角度から見ていきます。

f:id:djrkmrym:20190206170105j:plain

f:id:djrkmrym:20190206165716j:plain

f:id:djrkmrym:20190206165722j:plain

f:id:djrkmrym:20190206165746j:plain

f:id:djrkmrym:20190206165702j:plain

グリップ付近、サイズもぴったりです。

 

f:id:djrkmrym:20190206165612j:plain

f:id:djrkmrym:20190206170041j:plain

f:id:djrkmrym:20190206170006j:plain

f:id:djrkmrym:20190206165943j:plain

液晶側、こちらもピッタリです。

 

f:id:djrkmrym:20190206165815j:plain

f:id:djrkmrym:20190206165914j:plain

f:id:djrkmrym:20190206170116j:plain

L字になっているサイド側、端子類もこのまましっかり装着することが可能です。

 

最後にボディ下部分。

f:id:djrkmrym:20190206170125j:plain

f:id:djrkmrym:20190206170131j:plain

バッテリーの蓋もしっかり開き、バッテリー、SDカードの交換もそのままできます。

フィット感抜群です。

 

 

 

SEL1670Zを装着するとこんな感じになります。

f:id:djrkmrym:20190206170141j:plain

見た目も少し大きくなり、自分的にはかっこよくなったと思います。

 

装着後の感想、装着してよかったこと

f:id:djrkmrym:20190206165716j:plain

小指がこの部分にしっかりかかってくれるので、安定してグリップができ、持ちやすくなりました。装着することで少し重くはなりますが、しっかりグリップしてくれるので重さは感じさせず、むしろ持ちやすくなったことで、手首も疲れないようになりました。

また、カメラをどこかに置く場合でも、ボディに傷がつくことがないので非常に安心です。そういった意味でも装着する意味はかなりあると思います。

 

f:id:djrkmrym:20190206170214j:plain

ちなみに自分は三脚はめったに使うことがないので、サイド側は外して下部分だけ装着して使ってます。三脚のためのプレートというよりかは、小指あまり解決で持ちやすさ重視、そしてボディ下部の傷防止といったことに役立ってくれてます。

 

アルカスイス互換クイックリリースプレート

 

このプレートはアルカスイス互換でもあるため、三脚を使用する際はアルカスイス製雲台での使用がオススメです。

アルカスイス製雲台っていい値段しますよね・・・。

 

自分はアルカスイス互換クイックリリースクランプを購入して、手持ちの三脚の雲台につけて使っています。

Amazonで50mmを買い、手持ちの三脚雲台のクイックシューにネジでとめているだけです。

 

三脚のクイックシューを外し、ネジを回してカメラにつけて・・・という行程がなく、アルカスイス互換だとこの通り。

f:id:djrkmrym:20190207102618j:plain

プレートをクランプにはめて、ネジを回して固定するだけ。

 

f:id:djrkmrym:20190206170243j:plain

ほんの数秒で装着可能です。

 

縦構図で撮るときは、雲台を調整し寝かすのではなく、

f:id:djrkmrym:20190207103027j:plain

L字になったサイド側を使います。

 

f:id:djrkmrym:20190206170250j:plain

雲台は動かすことなく、縦構図で撮れるようになります。雲台を寝かせて使用するのに比べ、当然安定感も増します。このようにアルカスイス互換三脚を使用する際にも非常に便利になります。

 

追記→アルカスイス互換の三脚購入しました。

1万円以下と安く、フルサイズにも対応する丈夫なコスパの高い三脚です。

→参照:α6400と一緒に買いたいおすすめのアクセサリー

 

 

グリップ力アップに

 

特に男性の方は小指の置き場所に困っていたり、もう少しグリップ力をアップしたいと思ってる方が非常に多いと思います。

軽くてフィット感も抜群、そして持ちやすくてグリップしやすい、しかも傷がつく心配もないので、つけていて損はないです。

めっちゃおすすめのアイテムですよ~。

 

α6500用

 

α6300用

 

α6000用

 

α6400用は、(2019/6/13)時点でまだINPONからは発売されておりません。

 

追記:α6400にα6300用を装着してみました

 

 

α7Ⅲにもつけています

 

α6000シリーズにおすすめのアクセサリーまとめてます