「α7Ⅲ×MC-11×TAMRON100-400mm」の相性。連写や使えるフォーカスエリアなど。

f:id:djrkmrym:20190308014127j:plain

タムロンの望遠レンズ【TAMRON 100-400mm F4.5-6.3 Di VC USD】

自分はTAMRON100-400mmを、MC-11をかましてα7Ⅲで使用していますが、実際使用してみてどうなのか相性を書いていきたいと思います。

2019.2.26時点、α7Ⅲ・MC-11・TAMRON100-400mm全て最新のファームウェアでの使用になります。

 

 

α7ⅢとMC-11で使ってみて

 

気になるオートフォーカスの速さ

子どもを撮ることが多いので、自分が1番気になる点はやはりAF速度でした。

ネットで調べると「速い」「SIGMA100-400より速い」などいろいろ書いてありました。やはりそこの感覚は人にとって違うのですが、自分が使ってみた感想としては【かなり速い】でした。

 

AF-Sでは、「シュピッ」という感じで少し間があり純正レンズよりは少し遅いです。

AF-Cは瞬時に合ってくれて、かなり速いです。瞬時といっても、SEL100400GMよりは少し遅いぐらいの感覚でしょうか(SEL100400GMは爆速でした・・・ほしい・・・)。

コンマ何秒の世界ですが、SIGMA100-400mmよりはAFの速度は速く感じました。

SONY純正のSEL70300Gよりも速いんではないでしょうか・・・

 

連写はLoのみピント追従可

連写はLoのみピントが追従してくれMid,Hi,Hi+ではピントが1枚目固定になります。なので、動いてるものには追従してくれません。AFの速度がかなり速いだけに残念です。

 

使用できるフォーカスエリア

f:id:djrkmrym:20190308014127j:plain

f:id:djrkmrym:20190308015653j:plain

フォーカスエリアは全て対応しています。

 

使用できるフォーカスモード

f:id:djrkmrym:20190308015811j:plain

画面上ではAF-SとAF-Cのみということになります。

 

f:id:djrkmrym:20190308015911j:plain

画面上ではMFは設定できませんが、レンズ横のフォーカススイッチをMFにすることによりマニュアルフォーカスが使用できます。

ちなみにTAMRON100-400mmのピントリングはかなり滑らかで細かく微調整ができるので非常に使いやすかったです。

TAMRON28-75mmのピントリングもかなり滑らかで使いやすいです。

 

異音がする

100mmから少し望遠側135mm辺りに移動させるとF4.5からF5に切り替わります。そのタイミングで「ジーーーー」と音がずっと鳴ります。F値を変えたりいろいろしてみましたが、135mm~はずっと音が鳴りっぱなしの状態でした。

 

 

 

連写さえ使えたら・・・

 

SIGMA100-400mmよりもAF速度が速かっただけに、連写が使えたらな・・・という感じです。

連写を使わない人にはかなりいいレンズだと思います。

TAMRON100-400mmレビュー記事書いてます。

 

SIGMA100-400mmライトバズーカも使ってます。

 

合わせて読みたい

TAMRON100-400mmで撮った写真