イレクターパイプで自作2段ベッド!車中泊も快適で棚にもなって荷物もたくさん積める仕様。

f:id:djrkmrym:20190408225153j:plain

車中泊用自作ベッド記事その①

前のブログで車中泊用自作ベッドの記事を書いていたのですが、結構見てくれてる人が多く、もっと詳しく教えてほしいとのお問い合わせをいただきましたので書きなおしてみました。といっても詳しい寸法なんかは測ってませんので、作る際の参考程度にしてもらえたらと思います。

 

ベッドを作ったのは2014年12月。最初は10系アルファード前期7人用として製作しましたが、今は10系アルファード後期8人用で使っています。写真を見てもらったらわかりますが、今では結構生地なんかがくたびれてきています。

ベッドを作る時に条件としたこと

・1歳になる長女が動き回る場所がほしい

・子どもが安全に動き回れるように

・普段は2列目は今までと変わらず広々と使えるように

・ベッド下は十分な荷物が積めるように

・ベッドのセッティングは嫁さんでも簡単にできるように

・家族3人が快適に寝れるように(2014年当時)

こんなことを考えながらベッドを作りはじめました。当時の汚い適当な写真と今の写真合わせて見ていきたいと思います。

 

まずは車中泊用自作ベッド記事その①として、3列目ベッド製作編です。

 

 

3列目をベッド兼棚に

 

ミニバンの特徴として、3列目にも人を乗せれるということが挙げられるのですが、自分はそれは無視して3列目のシートは取ってしまい、常時ベッドの状態にしてしまいました。

f:id:djrkmrym:20190408225153j:plain

先に完成図を貼っておくとこんな感じです

作った当初は7人乗りだったので実質4人乗り、今は8人乗りなので5人乗りの状態です。

ただ人を乗せることがあまりないので、子どもが動ける場所と、そして釣りを快適にするためにもこのような状態にしました。製作してから4年ちょっと経ちましたが、今でも子どもは喜んで3列目でゴロゴロしたりしますし、荷物も下にきっちり収納できるので、今ではこれがないのは考えられないようになりました。

 

さて、では早速ベッドの製作手順などを書いていきます。

 

ベッド製作に必要な物

・イレクターパイプ

・イレクターパイプ専用ジョイント

・パイプカッター

・イレクターパイプ専用接着液

・コンパネ12mm(コンクリートパネル)

・アルミ保温シート(銀マット。寒さ対策として)

・ウレタンスポンジクッション6センチ

・レザーカバー

・タッカー

・スプレーノリ

ベッド製作に使ったものはこんな感じです。

 

ベッド足組製作手順

 

①3列目のシートを外す

f:id:djrkmrym:20190330011048j:plain

まずは3列目のシートを外します。

 

②寸法を測ってイレクターパイプをカットする

次に寸法を測りながらイレクターパイプをカットしていきます。

普段2列目は広く使えるように、まずは2列目のシートの位置を決めます。座って足を少し伸ばせるぐらいに設定しました。

f:id:djrkmrym:20190307120355j:plain

2列目のシートの位置を決めた後は、まずは四隅の足場となる位置を決め、メジャーで測りながら、外枠から徐々に作っていきました。測りながら調整していきましたので、かなり時間がかかりました。

ここで注意したのは、2列目部分も前までベッドをつなげる予定でしたので、前と高さを合わせること。短く(低く)切りすぎるとどうしようもないので、とりあえず少し長めにカットしておきました。

パイプカッターを使いイレクターパイプをカットしていくのですが、自分はダイソーのパイプカッターを使いました。

f:id:djrkmrym:20190307120334j:plain

安い割には十分使えるのですが、サイズが少し小さいので手が痛くて大変だった覚えがあります。

イレクターパイプ専用接着液はこちらを使いました。

 

結局完成した足組はこんな感じです。

f:id:djrkmrym:20190412005727j:plain

右側を少し広く、左側を少し狭く、といった感じにしてあります。左右対称ではありませんが、理由あってこのような形にしました。

だいたいどのような足組にしようかは考えていたので、四隅の位置と高さが決まってからは比較的すんなりとできました。

 

f:id:djrkmrym:20190412010217j:plain

f:id:djrkmrym:20190412010231j:plain

f:id:djrkmrym:20190412010309j:plain

f:id:djrkmrym:20190412010323j:plain

f:id:djrkmrym:20190412010349j:plain

2列目側

f:id:djrkmrym:20190412010427j:plain

2列目側

f:id:djrkmrym:20190412010439j:plain

トランク手前側

角もできるだけ補強を入れてあります。

 

f:id:djrkmrym:20190412011202j:plain

2列目側の角はV字になるように補強をしてありますが、トランク手前側は荷物の出し入れを考えてVではなく片側だけの補強にしてあります。

 

f:id:djrkmrym:20190412011431j:plain

足組左側

f:id:djrkmrym:20190412011501j:plain

足組右側

 

では次にベッド部分の製作について書いていきます。

 

ベッド部分パネル製作手順

 

①コンパネ(コンクリートパネル)の加工

自分は12mmのコンパネを使用しました。片面はむき出しになるので塗装がしてある方がいいかと思います。ホームセンターにも売っています。

 

車内の寸法を測りながら、細かくカットしていきます。

f:id:djrkmrym:20190307120444j:plain

ここは器用な友人に手伝ってもらいました。

 

f:id:djrkmrym:20190307120508j:plain

何度も何度も細かく調整しながらカットしていき、やっと完成です。が!ここでミス発生・・・黄色い塗装面を裏にするはずが表面にしてしまいました。まぁ見た目が悪くなるだけで、これといって問題はありません。

ちなみに3列目ベッド部分は横140×縦120ぐらいありますが、コンパネは2枚使用しました。

 

②アルミ保温シートを巻いてタッカーでとめる

さて、次に寒さ対策としてアルミ保温シートを巻きます。

ベッドが140×120なので180×180を買いました。

 

f:id:djrkmrym:20190307120529j:plain

f:id:djrkmrym:20190307121647j:plain

これは2列目のベッドを作った時の写真ですが、こんな感じで巻きます。

タッカーでパチパチとめていくのですが、ただ巻いてタッカーでとめるだけではアルミ保温シートは浮いてしまいますので、スプレーのりを使ってアルミ保温シートをしっかり貼りつけながらとめていきます。

f:id:djrkmrym:20190412022301j:plain

スプレーのりで貼りつけないと浮いてしまい最後の出来につながってくるので、アルミ保温シートを巻く際は使用することをおすすめします。

 

③ウレタンスポンジクッション(6cm)を貼る

次にスポンジを貼っていきます。

f:id:djrkmrym:20190307120638j:plain

スポンジの厚さは6センチ。ここもスプレーのりをしっかり使って貼りつけていきました。

 

f:id:djrkmrym:20190307120652j:plain

ベッドのパネルは4枚に分けていたのですが、4枚ともしっかり貼りつけ完了です。写真では手前2枚が左右反対に置かれています。スポンジに「運前」と書いてあるのが見えるかと思いますが、写真右側に置かれているパネルは本来運転席側のパネルです。

スポンジはこちらでオーダーしました。少し大きめで頼みました。

 

④レザーを巻く

さて、ベッドのパネルつくりもあと少し。スポンジを貼りつけた後はレザーを巻いていきます。もちろんここもスプレーのりを使います!スプレーのりめちゃくちゃ大事です!

f:id:djrkmrym:20190307120719j:plain

ここが少し大変でした・・・。何が大変なのかというと、角っこ!

 

f:id:djrkmrym:20190412031015j:plain

角っこをしっかりまとめないと浮きがでてきますので、しっかりまとめてタッカーでとめます。

 

f:id:djrkmrym:20190307120752j:plain

タッカーを1周うつのもなかなか大変ですが、できるだけ細かくうっていきました。

レザーはこちらで長さを決めて注文しました。

そしてようやく完成!!

f:id:djrkmrym:20190307120833j:plain

f:id:djrkmrym:20190307120841j:plain

f:id:djrkmrym:20190307120900j:plain

完成!と言いたいところなんですが・・・まだベッドパネルをのせているだけなので固定できていません。

 

⑤パネルとイレクターパイプを固定する

f:id:djrkmrym:20190412031154j:plain

f:id:djrkmrym:20190412031223j:plain

パネルの表裏をミスしてしまったので、少し不細工に・・・

「J-46」この部品を使い、パネルとイレクターパイプを固定できるようにします。一応接着剤も使用しました。

 

ここもしっかりと位置を決めないといけないのですが、まず「J-46」をパイプにはめ、そしてパネルをハメてネジでとめる前にしっかり位置決めをします。そして位置決めができたら、ネジを締める穴に黒マジックを入れ、パネルに印をつけてあげればしっかりとした位置で固定ができます。

f:id:djrkmrym:20190412031635j:plain

f:id:djrkmrym:20190412031720j:plain

あとはネジで固定して、パネルをはめるだけ。

 

ようやく完成

f:id:djrkmrym:20190412032622j:plain

f:id:djrkmrym:20190412032635j:plain

しっかり測ったおかげで完璧です。

 

f:id:djrkmrym:20190412033425j:plain

f:id:djrkmrym:20190412033508j:plain

f:id:djrkmrym:20190412033518j:plain

2列目部分にベッドをつなげるためにパネルを乗せる余裕を残してあります。

 

ちょっとした機能

 

高さのある物を積むために

f:id:djrkmrym:20190412011202j:plain

f:id:djrkmrym:20190412012019j:plain

f:id:djrkmrym:20190412012036j:plain

足組の右側は少し広く作ってあり、横棒の2本は脱着可能にしてあります。

 

f:id:djrkmrym:20190412034338j:plain

3列目をつぶしてしまい高い物を積めなくなってしまうので、一応このようにしておけば高い物も積めるなということでこのようにしてみました。

 

パネルを4つに分けた理由

最初はパネルは2つにしようかと思ったのですが、4つにしました。

f:id:djrkmrym:20190412034902j:plain

4つにすることによって、2列目からでもベッドの下にある物をすぐ取れるようにしました。このように開けれます。

 

f:id:djrkmrym:20190412035029j:plain

一応固定できるようにもしています。

 

4つに分けることで過程がかなり大変でしたが、今では4つに分けておいてよかったと思っています。

 

f:id:djrkmrym:20190408225153j:plain

今では常時この状態ですが、ベッド下にも十分荷物を積めるし、ベッドの上にも高さのある荷物を積めるし、作ってホントによかったなと思います。

そろそろ車も乗り換えを考えないといけないようになってきたのですが、ベッドが気に入ってるので乗り換える勇気もありません。。笑

 

最後に。製作に使ったものまとめ。

 

イレクターパイプ

イレクターパイプ専用ジョイント。いろいろな種類があります。

イレクターパイプ専用接着液

パイプカッター。ダイソーカッターもそこそこおすすめ。

タッカー

スプレーのり

コンパネ12mm。塗装ありがおすすめ

アルミ保温シート

ウレタンスポンジクッション

レザーカバー

 

追記予定

 

今回は、3列目のベッド製作を書かせていただきました。

7人乗り用・8人乗り用の2列目のベッド製作も追記していきたいと思います。